ご利益薄れた(?)坊主くん

朝、昼、夕、晩に
雨、雨、雨、雨。

ウィスラーよ、どうしちゃったんだい?
シモン撮影前もずっと天候悪かったら、もうかれこれ1ヶ月以上天候が悪い。もしかしたら、ウィスラーはそろそろギネス・ブックに申請した方がいいだろう? 連続で快晴を見れない記録とか。

それで一昨日、シモン撮影で奇跡的に活躍したてるてる坊主くんを出したのである。しかし、その効果もなく今日は雨だ。きっとご利益ももう薄れてしまったのだろう。あの時、あんなに酷い天気予報で頑張ったから。オレたちが山にいっている間だけ晴れて、まさに奇跡的な天候だったのだ。

このてるてる坊主くん、もう活躍してくれないから、処分しようかどうか迷っている。だけど、そう考えた時、何かそのままゴミ箱にポンというのも可愛そうだなあ、と思えて来た。何かおごそかの儀式で天国に返してあげたい、というか。うーん、どうしよう?

そう言えば、毎年、オレはハイキングやキャンプに行く。そして、夜にはキャンプ・ファイヤーをするので、その時に、感謝の気持ちを込めつつ、ファイヤーしてしまおうかなあ。

おごそかな儀式と言えば、3時間ほどハイキングして汗ビッショリになったTシャツをファイヤーするとおもいしろい。「Tシャツさん、今までありがとう」という気持ちでキャンプ・ファイヤーの中に入れる。すると、まるでTシャツが生き物のように動き回り、燃えて行くのだ。その姿が、何か言葉で表現できないほど、アート感が漂っているというか。

ところで、みなさん最後にキャンプ・ファイヤーをしたのはいつですか?
ああいうのは、最低一年に一回はやった方がいいですね。うまく理由を言えないけど、火を見ていると落ち着くし、何か気持ちをリセットさせてくれるというか。便利な生活を一時期捨てて自然に帰る生活をすると、気分がとてもリフレッシュされるから。