お父さん御苦労さま

朝起きて、マンU対チェルシーのゲーム。
0-3からの見事なカムバックで3-3の引き分けに。
良い試合でした。
プレミアリーグのトップレベルの争いは、レベルも高いしおもしろいです。

そんな影響でしょうか。大河は、あまり山に行きたくなさそう。
サッカーをしたいと言います。
だけど、サッカーは後でやるにしても、日曜日は山にでも行かないと時間が持たんぞ、ということで、行って来ました。

大河は、メソッドもうまくなって来たし、固めのバーンだったけど、見事なスプレーを上げていました。
クレアも、かなり速く滑れるようになって。
子供たちの成長の早さには驚かされるばかりです。

以上の写真は、ランチ中におもしろい顔合戦の一コマ。
どっちが勝ったかな?

この後は、大河たちのサッカーに2時間ほど付き会いました。
僕はゴールキーパーであまり動いていないけど、子供たちの体力は大したものです。
永遠に飽きずにやっているのですから。本当に好きなんですね。

夜は、ファイヤー・アイスショーの撮影に出かけました。
というのも、先月からFine誌でカナダの情報を届けるレポートを書かせていただいているので、ネタの足しにと思ったのです。

ファイヤー・アイスショーの影響もあるのでしょう。ビレッジは賑わっていました。

寒い中、お父さん御苦労さまです、という気持ちで帰りにちょっと高いけど、日本のチョコレートを買いました。