おっぱいとリサイクル

昨夜、サンドボックスの試写会があったので、そこでちょっとした事件がありました。
オープニングシーンになって、いきなりスクリーンの前に若い女性があおむけに寝転がったのです。唐突に。
僕は、最前列だから、よく見てました。何事かと。

すると、服を脱ぎだしておっぱいを出したんです!
わけわかんなくて、驚きました。まさに意表を突くパフォーマンス。
これには、観衆、ヤンヤ。

映像に集中できる環境ではなくなったので、サンドボックスのプロデューサーのケビンが出て来て、その女性を手を引っ張って出していきました。

長年、いろいろな試写会を見て来ましたが、このように唐突に観衆の前でおっぱいを出す女性は初めて見ました。

そう言えば、昔、電車の中で突然、いちもつを出す変態おやじがいた、ということを聞いたことがあるけど、それに似たような感覚だったかもしれません。人間、突然そんなことをされては、あたふたするというか、ビビるものです。

今日も快晴でした。
子供たちは、近所の子供と遊んだり。また僕とキャッチボールをしたり。
大河はリフティングをして、103回まで行きました。遂に100回超えです!

また子供たちは、動物のおもちゃが買いたくて、近所を回って空きビン、空き缶探し。
近くのリサイクル場に持っていき7ドルになり、今日はトナカイとトラの子供を買いました。

大河は「お父さん、なんで空きビンとか渡すとお金にしてくれるの?」と聞きました。
「それは、リサクルだよ。これでまた缶とかビンとか作るんだよ。」と答えました。
だけど、正直、僕もどのように再生されるのか、よく知りません。
それで、ユーチューブで調べたところ、ペットボトルが衣類や傘になるような動画がありました。
それを見せて「どーだい、凄いだろ!」と、子供たちは関心。

だけど、ビンや缶は、何か凄いものに変わるのか?うーん、よくわからないので、ちょっと調べようと思います。