いい解説だなあ

13

今日も早起きで応援!と言っても、キックオフはカナダ時間の7時だったので、いつも通りに起きれば良かったわけです。しかし、問題は、試合をきっかりと90分で終わらせてくれないと、イントラ仕事の出勤に間に合わないと、ということ。

今日もうまくネットでライブで見ることができました。どこの誰だがわからないけど、良いことをしてくれるもんです。

試合はご存じのように重たい展開に。
何度か、ゴールが決められそうになり、冷や冷やもんでした。

そして、後半までの90分が終了に。もう、ここで僕は家を出て仕事に向かわなくてはいけません。メチャクチャ気がかりで、心配でした。何度もオーストラリアにゴールを脅かされる展開があったので、果たして勝てるのか、と。
いや、そんなことを考えては、ダメだ。絶対、勝つんだ、という気持ちで家を出ました。

イントラ中も気になってしょうがありません。特にリフトに乗っている時、ポカンと考える時間があると、無性に試合が気になります。

だけど、今日もみんなをハッピーにして仕事を終え、一目散に家に帰りました。
ここでいきなり、動画を探すと、題名ですぐに試合結果がわかってしまうので、まずは大人に(?)、アジアカップのサイトをチェック。ここだと試合結果をわからずにダイジェスト版が見れます。

だけど、延長戦は、オーストラリアの展開ばかり。そのシーンが出ればゴールされるシーンも想像できるので、本当ドキドキさせられましたね。
しかし、延長の後半で日本のシーンが出て来ました。もしかして、得点?と思っていると、長友のクロスから見事に李が合わせゴ~~~ル!いやあ、燃えた。ライブでないけど(笑)。

そして、最後ハラハラする展開があり、あの韓国戦を思い出してしまったけど、見事に勝利!

この後、日本語放送の動画をチェックしていたら、やはり良いですね。
もう、アナウンサーとか解説という立場を忘れるかのように、一般視聴者的に素直に応援して燃えちゃっているところが、最高に良いです!

だけど、セルジオさんが、「ちゃんと立ち足が効きましたね。」というスルドイ解説もしていますね。そうか、試合最後に出ていたから、疲れがなくこんな鮮やかなボレーシュートを決めたのか、と感心しました。

ところで、ザッケローニは、オーストラリアのディフェンスに穴があるって、予想していたんだよね。まさに的中!

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20110128-OHT1T00244.htm

しかも、李のシュートを決めた時には、決して両手をポケットから出さずに冷静に指令を送り続け、試合が終わってからの歓喜のポーズ!控え選手への気配りや起用方など含めて、素晴らしい名将です。日本は本当にザッケローニ監督で良かったです。