あと4380日

またも日本は、劇的な勝利でしたね。

昨日は、日本は金曜日だったけど、メールの量がある時間帯から減ったような気がしました。きっと、多くの人が仕事を早く切り上げて見ていたのでは?

チョン・テセは、あいかわらず泣いていましたね。なんかあの熱い感じに好感を持てます。
僕も、国歌斉唱の時には、感極まってしまうこともあるので、あのピッチに立ったら、涙が出るというのもうなずけます。

それにしてもザッケローニは、なんか持っていますね。
ロスタイム、しかも残り1分でのゴールって、凄過ぎます。

僕はかねがね、成功には、努力の他に、幸運というものがあると考えているので、そういった意味ではやはりザッケローニは、成功者なんだと思います。

そして、その幸運は誰もが持っているものではないかもしれないけど、幸運に巡り合える可能性を高めることは誰でもできるように思います。ザッケローニは、それをして来たのだと思います。

選手には、「必ず辛い時間帯がある。最後まであきらめるな」と、試合前のミーティングで伝えたということだし。そういったアドバイス、また日頃の練習の中でも、幸運をつかむことをやっているように思います。

ザッケローニが言った「一滴一滴が海となる」という言葉にも、日頃から彼が強い情熱を傾けて練習していることも想像できます。

僕も今日、その一滴を垂らすために、子供たちのサッカー練習をやりました。

そして、子供たちにこう伝えました。

「もし、ワールドカップに行くなら、12年間ぐらいしかないだろう。今、みんなの年齢を考えれば、あと12年後がサッカー選手として大活躍が始まる頃になる。一年間が365日だから、あと4380日なんだ。今日は、その中の一日。しっかりと練習しよう!」と。