【フサキ日記】IN DEEP

渡辺雄太が作ったスノーボード・ブック、IN DEEPが届きました。

news140319b

スノーボーダーが、独自にスノーボードのマガジンを出すことはこれまでにもあったことですが、実際、本を出すってことは凄いことだな、と思います。
僕も何度か出そうか思ったことがあったけど、今日まで至らず。
そんな中、一プロ・ライダーである雄太が作り、まさに尊敬に値します。


本の作りの方は、まるでコーヒーショップに置きたいような落着きぶりなデザイン。いわゆる普通の雑誌のような明るいコート紙ではなくて、やさしい感じ。
ページ数は70で、多くもなく少なくもなくお手頃。
その中に1つ1つ雄太の魂を込められたコンテンツがあります。

スノーボードと自然を愛する雄太だけに、その内容もコアなんですが、決して読者を置いてけぼりにすることありません。内容はディープだけど多くのスノーボーダーの方に喜んでもらえるもの。僕は雄太の文才をあまり知らなかったけど、本当に読みやすくて、全ストーリーを楽しめました。

昨今のマガジンのように、元気の良いフレーズ、読者を誘うような文句もなし。
そういったところからとっつき難いような印象もあるしらないけど、一度読んでしまえば止まらなくなるほど読みやすくおもしろい。そんなスノーボード・ブックでした。

みんなの知らないライダー、業界で活躍する人も出るし、ライダーRYOKIのように今、旬な若手も出ます。
通常、スノーボード雑誌は、ある程度、広告に左右されるようなライダーの人選などあるのですが、このIN DEEPはそういうことはないようですね。
本当に雄太が伝えたかったこと、表現したかったことをリリースしたのだと思います。

以下にIN DEEPの購入先ショップなどあるので、ぜひみなさんも一度、お手に取ってみてください。

http://indeep-magazine.tumblr.com/