【フサキ日記】西村主審を思う

今朝5時からワールドカップがあると思うと、昨夜はソワソワしてしまってしっかりと眠れませんでした。

夜時計を見ながら、まだ3時か・・、まだ4時か・・。
なんて、浅く寝ては、また起きてしまって。

夢の内容は忘れてしまったけど、確か夢の中でも、「あっ、始まる!」なんてソワソワしていたんです。

それで、もう今朝は5時前には、起きてブラジル対クロアチア戦をテレビ観戦しました。

クロアチアというチームは、よく知らなかったけど、思った以上に強いチームでビックリ。
堅守でカウンターアタックを狙い、序盤はブラジルも再三ゴールを脅かされていましたね。
最初のオウンゴールなんか、あきらかにカウンターからの流れだったし。

ブラジルの最初のゴール、ネイマールの針を刺すようなピンポイント・ゴールは凄かったなあ。

そして、あのPK!
見た瞬間、「アチャ~、西村主審、出しちゃったかあ。」と思いましたね。

news140613d

テレビで見ていた角度では、ブラジル側の選手が、演技でわざと倒れたように見えました。でも、審判からの角度では、クロアチア側が手をかけて倒したと見えたのでしょう。よく、プロレスでレフリーにわからないように、わざと反則攻撃をするけど、あれと似ていたようなプレーだったかもしれませんね。
そういった意味では、あの倒れたフレジがうまかったとも言えるのかもしれません。

このPKでネイマールが、見事に決めて試合の流れは一気にブラジルに流れたように見えました。
だから、あのジャジングはひじょうに大きなものになったと思います。

クロアチア側からすれば、酷い審判というだろうし、サッカー通に言わせれば、あの判断は誤りだった、と思うのかもしれません。
ジャッジングが目立った試合は、悪い試合とも言うけど、確かにそういう試合になっちゃったところも否めません。

でも、僕は西村主審を思うんだけど。

一生懸命に公平にジャジングをやろうと思った結果なので、仕方ない。そもそも、それがスポーツであり、サッカーなんだ、と。
もちろん、僕だって、クロアチアが日本の立場になれば、「コンチキショー、あのジャッジ!」って、思うのだろうけど。
そもそも、お互いのチーム、何度かマリーシア(ズル賢いプレー)もありましたよね。
そんな時でも、西村主審は毅然と裁いていました。

きっと、西村主審は、この後、「二度とこんなジャジング騒動に巻き込まれたくない。」と思って、どうすれば改善するのか研究するだろうし。そもそもクロアチアを憎んでいるわけでもない。何度も言うけど、公平にジャッジやろうと思った結果です。

負けた選手は、可愛そうだけど、そういうふうにジャッジされないように、もっと危ない場面を減らす実力を身に付けないと。そういうふうに思うしかないんじゃないかな。
でも、クロアチアの監督は、怒り爆発。

「我々は、ベストを尽くした。あれが(PKの)反則なら、サッカーなんてしない方がいい」と強調。「主審は試合のレベルに達していない。恥だ」と酷評しました。

その発言には、この初戦をジャッジングする審判へのリスペクトする配慮が感じられません。

「あのジャッジは残念だったけど、審判だって人間だ。そもそも我々がもっと力を付けてピンチする場面を減らすことが必要だった。」とか言ったら、逆にクロアチア監督さんの株を上げるのにね。

って、僕は思いました。