【フサキ日記】こだわり過ぎって良くないよ

食事にこだわる方という方がいますね。
本当、ウチの周りのご近所さんにもいるのですが。

だけど、いつも思うんですよね。
あまりにもルールが行き届き過ぎるのって、どうかなあ、と。

例えば、子供たちが遊びに来る。
ポテトチップスを出す。
すると、そこには添加物が入ってからダメだよ、なんて言われている子供だけは食べられない。かわいそうって思います。

スノーボードのプロ・ライダーにも、結構、食事にこだわる人がいます。
忠(布施)とかは、基本、肉とか食べないですね。
あと、吾郎(小松)もそうだった。今はわからないけど。

みんなでチキンウィング食べてビール飲んでいる時、一人だけ食べれない人がいると、ちょっと寂しいな、と思ったりします。

だけど、ある意味、こういうところで何か律することができる人って、精神的にも強くて、スノーボードにも役立つかな、なんてことも考えますが。
どうなんでしょう?

ということで、今日は僕の考え方を1つ披露します。
食にこだわるのは大変結構なこと。健康面を考えて、オーガニックフード主体にいただくことも大変結構なことです。
だけど、たまには息抜きというか、多少のルール破りもOKではないでしょうか。

というのも人間の精神的なリラックスや快楽の気分は、病気を守る免疫力もあると思うからです。

例えば、ウチのカミさんなんかも、最近のブドウは農薬を強く撒かれているから絶対に皮なんて食べないし、オーガニックに限る!と言ってましたが、それでも食べたければ食べちゃっていいと思うんですよ。何しろぶどうを食べたいのに、我慢することないと思うからです。むしろ、我慢する方が不健康に感じます。

コカコーラなんて、絶対飲まない!なんてカナディアンも多いけど、たまにはいいでしょ。
僕は、1か月か2か月に一度、無性に飲みたくなって、飲むことがあります。コーラはカフェインが入って、あまり有益でない砂糖がたくさん入っているというけど、たまにはいいじゃん!って。むしろ、たまに飲むのは健康に良いと思う、と勝手に思っています。

それにしてもよくわからないのは、ダイエット・コーラを飲む人。そういう人に限って、コーラを飲むのが日課になっているんですよね。
だったら、普通のコーラをガツンと飲んで、あとはしばらく飲まない方がいいように思うのだけど。

ウチのカミさんは、ポテトチップスもオーガニックばかりなんですが、オーガニックは高くてかなわないよ。
なのに、オレが食べかけて半分残っていた安物ポテトチップスが翌朝なくなっているのは、なんなんだ!?って。
結局、食べているんだよなあ。

news130810d

(こちらは、よく僕が食べている安物チップス。ウォールマートで買えば200グラムも入って100円ほど。最強の安さ!)