【フサキ日記】「書く」の好きですか?

ワールドカップの結果、残念でしたね~。これじゃあ、まるで8年前のドイツ大会・・・。
もう、この話題はしばらく遠ざかるだろうけど、1つだけ。
日本は、この8年間、確実に強くなったと思います。
これから、いろいろ批判的な報道も出るのはしょうがないけど、僕個人的な感想として、日本をここまで成長させてくれたザッケローニ感謝!
ともかく、もう振り返っても悔しいだけなので、切・り・変・え・ましょ!

news140625f

ところで、先日、僕がヒューマンアカデミーで講師をしていた時のこと。
課題の1つとして、自分たちで特集記事などのコンテンツを作ってみよう!ということを伝えました。
すると、結構、多くの生徒さんが困り顔。

そこで、僕は前から気になっていたアンケートを取りました。
人間は社会に出ると、必然的に「話す、聞く、書く、読む」などの能力が試されるものだけど、みなさんが好きなのは、どれ?

例えば、将来スノーボードのメーカーに働いて営業も希望しているという方は、そもそも話すのが苦手ではしょうがないですよね?
違う例としては、スノーボード雑誌を作る編集者を目指しているのに、書くことが苦手だったら、ナンセンスな希望だし。
生徒さんの将来の就職先を考える上で、役立つだろう、と思って聞いてみたのです。

このアンケートでは、それぞれの項目で最高満点5点として、考えてもらいました。
例えば、話すのがもの凄く好きな人は、5点。まあまあ好きなら4点。普通ぐらいだったら、3点。ちょっと嫌いだったら2点。もう苦手だったら1点というふうに。

すると、どうでしょう。なんと「書く」ということが最低だったのです。
確か10人ほど生徒さんがいたのに、「書く」の最高点が3でそれも一人しかなかったんです。あとは2以下。
意外でしたね。

まあ、偶然かもしれないけど。世の中には意外にも書くことが苦手な人が多いのかな?と思いました。
そう言えば、フィールドゲートの社長ムラッチョも「オレ、書くこと苦手。」と言っていたし。

もしかしたら、自分だけが意外と思っていて、だいたい世の中には「書く」ということの能力よりも、話すとか聞くとか、読むとかに長けている人が多いのかなあ、と思ったわけです。

なんか、毎日文章を書いていて、まるで食事やトイレのごとく、自然に書くことをやっている僕には不思議な感じがしたのですが。
だから、書くということ、また毎日書き続けるというのは、確かに1つの能力なんだな、と思ったのです。
まあ、今まであまり考えたこともなかったけど、自分をちょっと誇れました。これは1つの特技だったのか!と(笑)。