カナダ・ウィスラーCSBA この時期の授業は何しているの?

いよいよシーズン間近に迫ったカナダのウィスラー、そこでスノーボードをすることを夢見ていたCSBA留学の生徒さんたち、来るべきシーズンへの期待に胸躍らせていることだろう。
だけど、雪がないこの時期って、どんな授業をしているのだろう?
そんなことをご紹介するレポートが、 英悟コーチから来たのでご紹介します!


こんにちは。CSBAスノーボードプログラムの高谷英悟です。
ウィスラーは11月28日からいよいよスキー場がオープンします。
今年はここまで降雪が少ないですが、今日から気温が下がってきたのでスキー場では人工降雪機がフル回転、明日は雪予報なのできっと良いシーズンインを迎えることができるでしょう。
今回はこのシーズン前にCSBAではどんな授業をしているのか少し紹介させていただきます。

1 ESL(英語授業)

毎日午前中に英語の授業を行います。(ESLプログラム生は夕方まで英語の授業)
カナダに来ていますのでスポーツだけではなく、英語の勉強も毎日します。但し、スキー場がオープンしたら英語の授業の割合はグッと少なくなり、ほぼ毎日スキー場で滑ります。
英語の授業が減ったからと言って英語を使う機会が減るわけではありません。カナディアンコーチにはもちろん英語でスノーボードを教わりますし、ゴンドラやリフトの上でも知らない人との会話は英語になりますので実践英語を毎日使い続けます。

2 道具の講習

道具について学びます。写真はスキー、スノーボードのチューンナップ工場と、インドアでのブーツフィッティングの様子です。アスリート、インストラクターともに道具の知識、理解は重要です。この授業では自分の使う道具の選び方や整備の仕方などを学びます。
今後はスノーボード工場への工場見学にも行く予定です。

3 トレーニング

フィジカルトレーニングに加え、トランポリンを使ったテクニカルトレーニングも行なっています。
現在のコーチはカナディアンナショナルチームに所属する現役の選手です!
トランポリントレーニングは冬シーズンも継続して行われます。

その他インストラクター資格取得に向けたインドア講習、Youtubeを使ってセルフプロモーションをすることをコンセプトとしたメディアプロダクションという授業も行なっています。

ゲレンデオープンまで1週間を切ったウィスラーですが、今シーズンは果たしてどんな冬になるのでしょうか!
みんなでたくさん雪が降ることを願いましょう!Let it snow!

CSBAでは長期、短期プログラム生を募集しています。
スノーボードが上手くなりたい、インストラクター資格を取りたい、語学留学だけじゃ物足りない、好きなことをやりながら高校に通いたいなどなど、スノーボードが好きな方をお待ちしております。
留学説明会お申し込みフォーム

詳しくは本校ウェブサイトをご覧ください。
https://www.canada-sports.net/index.html

CSBAはカナダBC州政府認定のスポーツビジネス専門学校です。

ウィスラーの環境を活かしたプログラムでは業界で活躍する人間育成を行う。冬のプログラムはもちろん、夏のアウトドア、高校進学、アルバイト、スポーツイベントボランティアなどへの生徒のサポートも行う。
期間は1週間から2年間と幅広く選ぶことができ、1年、2年プログラム生は学生ビザの取得も可能。

http://www.canada-sports.net/