【コラム】評判上々!GoPro HERO7スノーボーダーに必要なモデル最上ブラックか!?

 

文:飯田房貴

GoPro HERO7が発売されます。

 

僕の周り、またスノーボード業界でも俄かに盛り上がっています。

この機会にGoPro HERO7を買ってみようか、と考えている方のために自分なりの考察をご紹介しましょう。


GoPro HERO7の概要を抑えるために、まずはこちらの動画をご覧ください。

以上の動画は、今回GoPro HERO7から発売される最上モデル、「HERO7 Black(ブラック)」のプロモーションPV。

その他にも、さらに価格が抑えられているシルバーとホワイトがあります。

GoPro HERO7 価格

ブラック(フラッグシップモデル) 53,460円
シルバー(スタンダードモデル) 41,580円
ホワイト(エントリーモデル) 31,860円

プロ感覚の追い撮りが可能になったHERO7 Black

当然、最上モデルのブラックのスペックは一番高いのですが、なんと言っても魅力的な機能は、驚異的に映像がなめらかな映像が撮影できるというハイパースムースビデオ。ようはブレ補正が高いということ。

スノーボードの撮影で、ライダーを追って撮影するいわゆる追い撮り。その映像クオリティの高さを決めるのは、なんと言ってもブレないことです。

プロのカメラマンは、常に不快なブレをカットするために、高い三脚を使ったり、追い撮りにおいてはスタビライザー・ジンバルを使用します。しかし、このジンバルというものは、安くありません。4万円近くすのもザラにあります。そういった意味でも、今回、GoPro本体だけでこの機能があるというのは、画期的です!

※ちなみに全モデルに通常の手ブレ補正はあり、このブラックだけが特別な補正機能が備わっているとうことになります。

 

タイムラプスはブラックのみタイムラプスビデオは全モデル

僕自身、今回HERO7 Blackの魅力的なポイントは、上記に紹介したスタビライザー機能が本体に付いていること、だと思っているが、さらにシルバーとホワイトのモデルを迷っている方に、その他の細かいスペックもチェックしていきましょう。
まずは、タイムラプス。

タイムラプスとは、長時間撮影した映像を、凝縮した映像作品に仕上げる機能のこと。まるで旅して来た自分を振り返ることができるので、楽しい機能と言えます。
HERO7 Blackだけにあるタイムワープビデオとは、ようは先に紹介したブレ防止のスタビライザー機能と、ハイパースムースと組み合わせた機能のこと。早回ししたような映像が、手ブレなく作れるのだ。

動画スペック比較

ブラック(フラッグシップモデル) 4K60FPS
シルバー(スタンダードモデル) 4K 30FPS
ホワイト(エントリーモデル)1440p 60FPS

動画スペックの4Kは、テレビのハイビジョンよりもずっと高い高性能数値。
映像の精密さを表すこの数値は、スタンダードモデルのシルバーでも充分という印象があります。

スローモーション

ブラック(フラッグシップモデル) 8×
シルバー(スタンダードモデル) 2×
ホワイト(エントリーモデル)2×

よりクオリティ高いスローモーション映像を求めるなら、ブラックですがここも考えどころ。
まず、スノーボードの場合、どんなプロでもジャンプの時間は長くても2秒が限界。一般のスノーボーダーは1秒以内のパフォーマンスになるので、ぜひ高映像が望めるスローという機能も求めたくなります。
一方で編集する時に、いじればいいや!というふうにも思えるし。

写真機能

ブラック(フラッグシップモデル) 1200万画素 SuperPhoto
シルバー(スタンダードモデル) 1000万画素 HDR
ホワイト(エントリーモデル)1000万画素

高性能な写真撮影もできる!というのは、GoProの凄いところですが、以上の画素数だけ見れば、どのモデルも良い勝負。ブラックの宣伝文句の「写真を越えたスーパーフォト」撮影ができるというのも魅力的です。

RAW撮影できるのは、ブラックだけ。
ナイトフォト機能があるのも、ブラックだけ。

連写に関しては、ブラック: 30fps 、シルバー:15fps、ホワイト: 15fps
になっています。

防水性能はすべて10M

防水性能は、どのモデルでも10Mなのでご安心ください。
当然、スノーボードの撮影状況では、10Mなんてあればスーパー安心。

音声コントロールもすべてのモデルに対応

スノーボードなどアクションスポーツをしていると、手が塞がってしまって、撮影スタートのボタンを押すのが大変な時がありますが、そんな時、自分の声で撮影を始めたり終えたりできる、音声コントロール。これはすべてのモデルに備わっています

ただし、音声起動はブラックのみ。

ライブストリーミング機能はブラックのみ

撮った映像をライブで、フェイスブックなどでアップできるというライブストリーミング機能は、ブラックのみ!

これおもしろそうな機能ですね。ウィスラーでライダーを撮影し、その様子をそのままLIVEで届けることができるんだ!ヤバいな。ここまで書いていたら、ほしくなっちゃった(笑)。

 

バッテリー交換もブラックのみ

雪の上で撮影していると、バッテリー不足に悩まされるけど、そんな時に外付けのバッテリーがあると対応しやいです。内臓型のバッテリーだと、バッテリーが切れておしまいなので、このへんもバッテリー交換ができるブラックは魅力的です。

 

まとめ

こうした3つのモデルを紹介する時、それぞれの価格と機能面を比較して、どれを買おうかな?と迷うものです。ですが、カメラの機材など買っていると、そもそもこのHERO7 Blackの機能に驚かされます。一眼レフにしろ、今流行の手軽な撮影ができるミラーレス一眼にしろ、たんなる普通のビデオカメラにしても、この値段でここまで高性能な撮影ってできないものです。だから僕は迷わず、ここはブラックでいいんじゃない!と思ってしまいます。
だけど、これまでGoProを買ったことがなく、ともかくこの気軽に追い撮り撮影を楽しみたい!という方は、ホワイトもオススメです。
3万円ほどでこんな楽しい撮影を味わえるなんて。凄い時代になって来ましたね。