Columbia業績好調

Columbia Sportswear Companyは3月末までの第一四半期の総売上が289.6百万ドルで、昨年同時期の260.2百万ドルに比べて11.3%のアップであったと発表した。

総収入は26.1百万ドルで33.8%のアップ、昨年は19.5百万ドルだった。一株あたりの希釈還元利益は0.71ドルで加重平均シェアは36.6百万ドル、昨年はそれぞれ0.52ドル、37.3百万ドルとなる。

昨年同時期と比較すると、国際売上は54.2百万ドルの30.9%アップ、US売上は155.5百万ドルの7.7%アップ、ヨーロッパ売上は54.1百万ドルの12.7%アップ、カナダ売上は25.8百万ドルで2.3%のダウン。

スポーツウェアー販売部門は163.1百万ドルで15.0%のアップ、アウターウェア販売部門は59.8百万ドルで8.3%のアップ、フットウェア販売部門は52.9百万ドルと4.3%のアップ、アクセサリー・装備部門は13.8百万ドルと10.4%のアップ。

「この記録的な四半期の数字は、我々のスポーツウェアー部門への強いニーズを反映している。スポーツウェアー販売が国内販売の強い成長に導かれる形となって、全直営・卸売市場で伸びを見せた。この強力な総販売の成長は、拡大しつづける総計と運営マージンと合わさって、この四半期、純利益に記録的な成長をもたらすこととなった。」ティム・ボイル社長兼最高経営責任者


http://www.columbia.com/