スーパー驚き!クロエ・キムがROXYボードで登場!

長年、Burtonスノーボードを使用し、輝かしい成績を収めて来た平昌オリンピック金メダリストのクロエ・キムが、なんとなんとROXYボードでスイスのサースフェーに登場!

この投稿をInstagramで見る

Back at it and feels like I never left, stoked to be riding again 🥰

Chloe Kim(@chloekim)がシェアした投稿 –

近年、大物ライダーたちが、突然これまでのボード・スポンサーから離れて、使用して来なかったボードに乗り、驚かされることがあるが、まさか彼女まで!

クロエ・キムは、4歳から地元カリフォルニアでスノーボードを始め、6歳の頃から大会に出場し全国大会で3位に入った。8歳から10歳まででスイスで活動し、その後アメリカマンモスマウンテンを拠点にした。その間の学校は、ホームスクールシステムで勉強をし、ひたすらスノーボードに打ち込んで来た。
2014年、14歳で初出場したWinter X-GAMES ASPENで銀メダルを獲得し最年少メダリスト。
彼女の活躍のそばには常にBurtonがあり、そのサポートもあって数多くの栄冠に輝いた。

平昌オリンピックで金メダル獲得後、突然、コンペティションから離れる宣言!
というのも、彼女にとって学校に通うことは夢だったため、一時スノーボードから離れて大学に通うことになったのだ。
そして、この秋はクロエにとっていよいよ久しぶりのカムバック!
で、このROXY使用でパイプを飛んでいるから、スーパー驚きとなったのである。

Roxyから公式アナウンスはない状況の中だったので、今日アップしたばかりのインスタ動画でも、みなさんのコメントの中には、「あれ!あれ?ROXY」みたいなコメントが。

業界のイメージ的には、Burtonほどオリンピックを目指す選手にとって強力なサポートはないと思われるが、Roxyにしてもビッグカンパニー。バンクーバー五輪で金メダルに輝いたトーラ・ブライト(オーストラリア)もRoxyライダーとして活躍した。

今後は、Roxyと正式に契約発表があり、クロエのシグネチャー商品が出されるのだろうか。北京オリンピックでも金メダル候補の呼び声が高いだけに、これからの彼女の動きに注目される。