「環境のためだけではなく人々のため」Burtonが本気で考えるサステナビリティ

Burtonが本気でサステナビリティに取組み始めたのが約10年前。キッカケは、bluesign®とのパートナーシップだった。
その後、2020年までの達成を目指すサステナビリティのゴール(Burton2020年サステナビリティ目標進捗状況)を発表し、サステナブルな未来への道を歩んでる。

サステナビリティは環境のためだけの取組みではなく、人々のための取組みでもあります。
プロダクトの原料から製造工程、安全基準など、人々に与える影響にもフォーカスしなくてはなりません。
例えば、一般的なアウトドアプロダクトを製造するう工程で、防水性や透湿性のために有害かもしれない化学薬品を使うことがあります。水源を汚染してしまうかもしれない染料を使うこともあります。オーガニックな手法で生産されていないコットンは、環境だけでなく生産者にも悪影響を及ぼすかもしれません。Burtonこういったネガティブな要素を徹底的に排除するよう努力していますが、まだまだやるべきことは山ほどあります。

bluesign®プロダクト、PFCフリーの撥水加工、サステイナブルコットン、リサイクルポリエステル、リサイクル可能なパッケージ、RSDダウンなどエコフレンドリーなプロダクトは多岐にわたります。

詳しくは以下のブログをご覧ください。
https://www.burton.com/blogs/the-burton-blog/journey-towards-sustainability-jp/