5歳から57歳まで200名超が参加した!Burton Mystery Seriesアルツ磐梯

広告

5歳から57歳まで、200名超が参加
お互いのライディングを讃え合いながら、スノーボードカルチャーを堪能
Burton Mystery Series 1月21日(土)アルツ磐梯にて開催

Burtonは、プロからビギナーまでのスキルの違いはもちろんのこと、年齢や性別に限らず様々な違いを尊重することであらゆるスノーボーダーが参加できる、グラスルーツスノーボードイベント「Burton Mystery Series」を、2023年1月21日(土)、福島県・星野リゾートアルツ磐梯にて開催いたしました。

Burton Mystery Seriesは、世界12ヵ国・全21回で開催されるスノーボードイベントです。
スノーボードを軸としながら、それぞれのエリアにおけるリゾートや地域コミュニティ等と連携しつつ、その場を共有する全ての人が一体となって盛り上がることができ、その地域特有の
スノーボードコミュニティが成長していく起点となるようなイベントを目指しています。
プロからビギナーまで同じコースに混ざりながら、勝ち負けを問わずスノーボードを楽しむ場では、トップアスリートのライディングがキッズたちに大きなインスピレーションを与えることにもなり、そこで生まれる一つ一つの繋がりがコミュニティを成長させていくきっかけになります。
本イベントはこれまでも、北米・ヨーロッパ・中国で開催され、各地特有の盛り上がりを見せています。

広告

1月21日のイベント当日、アルツ磐梯の会場には、5歳から57歳まで幅広い年齢層のスノーボーダーが早朝から集まりました。バンクドスラロームには145名、パークセッションには68名、合計213名が参加。今井胡桃、降旗由紀、中山悠也、高橋龍正といったBurtonライダーに加えて、Burton創設者・ジェイク・バートン・カーペンターの息子であり、グローバルのBurton Mystery Seriesをリードしているジョージ・バートン・カーペンター自らも共に
スノーボードを楽しみました。

イベントMCが会場を盛り上げる中、1人2本のアタックができるバンクドスラロームでは、参加者それぞれが自身のレベルに合わせて思い思いに攻めていました。
また、誰でもトライできるパークでは、それぞれのスタイルを存分に披露。ミニコンテストも行われるなど、参加者全員が会場を沸かせていました。ランチでは、無料でピザを提供。ライディングだけでなく、仲間と会話を楽しむ時間も特別なイベントとなりました。

Burton Mystery Seriesは、国内では3月18日に、長野県のエイブル白馬五竜にて開催されます。

BURTON ONLINE STORE
広告