さようならBURTONブーツImperial! 来季はPhotonにする?

おいおい、大変だ大変だ!
オレたちが長年愛用しているBurton(バートン)のImperial(インペリアル)が、来季からなくなるってよ!
今、スノーボードショップで聞いて来たよ。

そうなんですか。
じゃあ、先輩はION(アイオン)なんか、いいじゃないですか?

バカヤロー!お前、店員と同じこと言っているな。
IONなんて買える金あったら、さっさと毎年買ってるよ。
で、店員は、Photon(フォトン)を勧めやがった。
なぜなら、PhotonはImperialのBOAバージョンのようなブーツだと言うから。ほぼ同じ詳細スペックなんだ。
だけど、BOAってのがなあ…。

先輩は、BOA嫌いなんですか?

あたりまえだろ!
なんか、重そうだし、すぐに壊れそうじゃん。
だけど、店員が強く勧めるから、仕方なしに履いてみたんだ。

で、どうでした?

いやあ、意外に調子良くて驚いた。
最近のBOAって、凄えもんだな。
「シュルルー」って感じで、あっという間に収まるんだ。
あれは便利だよなあ。

BOAでもいいのかもしれないですけど、自分はSpeed Zone(スポ―ドゾーン)でいきたいです
万が一壊れた時すぐ直せるのはSpeed Zoneなんで。
life time warranty(一生涯保証)とは言っても、行きつけのショップにBOAのパーツをストックしてすぐに対応できるかはわからないですしね。

なるほどな。
で、オレもやはりSpeed Zoneで締めるIONがいいなあ、なんて考えたりして。
でも、ちょっと高いしなあ…。

IONは、とても良いブーツだと思いますよ。特にLifeライナーはひじょうに評判がいいです!
マニアックなスノーボーダーは、ImperialのブーツにIONのLifeライナーを入れる人もいるほどですから。
Step On®(ステップオン)のSWATH(スワス)ブーツにLifeライナーを入れている人もいると聞いたことがあります。

マニアックなボーダーに人気のLifeライナー

マジかよ!それ、グッドアイデアだな。
ビブラムソールとアッパーが絶妙なImperialに、Lifeライナーの組み合わせって、最強のタッグだぞ。まるでかつでハンセン、ブロデイだ。今の時代なら、ヘビーの王者の飯伏とジュニア王者のヒロムがまさかのタッグ結成ってところか。だけど、本体とロスインゴの合体ってあり得ないよ。

先輩のプロレスの話は、いつもついていけないですが…。でも、僕、個人的にはLifeライナーって、合わないんですよ。
自分には硬すぎるという印象があって。全体が折れるのではなく、硬くて足首しか動かないイメージがあるんです。
僕の勝手な先入観もしれませんが。
カービングが好きなデモ系の人にはいいと思いましたが、僕のようにサーフィンライクに足首が自由に動かすのが好きで、その延長線でのスノーボードをしたいと考えると、動き難いと感じてしまいます。

なるほど。
オレは、硬さのことは知らなかったけど、あのLifeライナーって防水性が高そうで魅力だったんだよなあ。

結局、先輩は来季のブーツは何を買うんですか?

うーん、BOAにはちょっと抵抗があるけど、Photonになるのかなあ。
だって、食わず嫌いなもんで、あのPhotonに付いているBOAって、なんか調子良さそうじゃん。いよいよオレもBOAのブーツか!

そうですね。
僕もBOAって全然OKだとも思います。
そもそもBOAに抵抗がある人って、日本人ぐらいで欧米ではBOA愛好者がどんどん増えていますよ。
おそらく、将来的にはスノーボードのブーツの大半が、BOAになるのではないでしょうか。
それくらい締めたり緩めたりしやすいし、壊れ難いなどクオリティも上がっているので、もはやBOAにしない理由がなくなって来ています。

へえ、そうなんだ。
じゃあ、お前も来季はPhotonかい?

いえ、PhotonのSpeed Zoneを買います。

えっ、今、なんて言った?

PhotonのSpeed Zoneを買います。

Photonって、BOAだよね?

いえ、来季はBOAと、さらにワイドな足にフィットする限定Speed Zoneモデルも出るんです。

なんだよ最初っから、それ言ってよ!
だったら、オレもPhotonのSpeed Zoneにしようかな。
でも、今日、ショップでBOAも履いて調子良かったら、カッコいいカラーがある方で決めちゃおうのもいいかも。
来季、Photonからどんなカラーが出るのか、楽しみだ!

以上の会話はフィクションです。
これまでに様々な方から、いただいた情報を元に、先輩と後輩の会話という形で合わせて紹介しています。
特定の一人の意見でなく、様々な会話を融合していますが、おそらくこの会話を聞いた人なら、「あっ、私が伝えたことだ!」と思われていることでしょう。
情報のご提供していただいた方、ありがとうございます!