Tripadvisorが選んだ世界で最も良いスキー場スポットにウィスラーが1位に輝く!気になるトップ20の中に日本のスキー場もランクイン

広告

Tripadvisor(トリップアドバイザー)が選んだ世界で最も良いスキー場のスポットにカナダBC州にある北米最大規模を誇るウィスラーが輝いた!気になるトップ20の中に日本のスキー場もランクイン。

この順位は、世界の中でもスキーに最適な場所というカテゴリーになっており、単に1つのスキー場でなく旅行者がスキーを楽しむ時に、おすすめの場所(町、村)を紹介するというもの。
ブラックダイヤモンド(超上級者スキーヤー、スノーボーダー)の経験者やリゾート愛好家も認める、スキー(とアフタースキー)を楽しむのに最適なスポットをご紹介する形となっている。
1位は、ウィスラーで果たして日本のスキー場スポットは何位になったのか?
以下、ご紹介していこう。

あなたにおすすめの記事:世界のスノーボーダーが大好き!日本が愛される理由トップ10

広告

1位 ウィスラー(ブリティッシュコロンビア州)

ブリティッシュコロンビア州のウィスラーは、バンクーバーから陸路または空路で短時間で行くことができます。美しい景観、歩行者専用のビレッジ、そして本物の山岳文化が、ウィスラーを一年を通して忘れられない場所にしています。冬はスキー、スノーボード、ノルディックスポーツに最適な雪が降り、暖かい季節にはゴルフ、マウンテンバイク、ハイキングが楽しめます。フェスティバル、スパ、レストラン、バー、そして無限のアウトドア・アクティビティが、ウィスラーを究極の避暑地、くつろぎの場所にしています。

2位 ジャクソン(ワイオミング州)

ここでできないアウトドアアクティビティは?冬は、スキー(レギュラー、クロスカントリー、スノーキャット、ヘリ)、スノーシュー、犬ぞり。夏には、フライフィッシング、ラフティング(ホワイトウォーターまたはシーニック)、熱気球に乗ることができます。

3位 ツェルマット(スイス)

ツェルマットといえば、マッターホルンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。この究極のスイスの象徴がツェルマットにそびえ立ち、1860年代に初めてこの地を訪れた人々を魅了しました。ツェルマットの村は、昔ながらの茶色いシャレーや曲がりくねった路地があり、車のない素敵な場所です。(電気自動車や馬車のタクシーもあるので心配は無用です)。スキー場は初夏までありますが、暖かい季節にはハイキングに最適です。

4位 シャモニー(フランス)

1924年に第1回冬季オリンピックが開催されたシャモニーは、常に歴史の教科書にその名を刻んでいます。西ヨーロッパで最も高い山であるモンブランと、シャモニー渓谷に面した多くのスキー場が主な見どころです。急な斜面や厳しい気象条件は上級者に最適ですが、初心者向けのコースもあります。ただし、グリーンサークルとブラックダイヤモンドの区別は、パーティーの全員が確認する必要があります。ピアース・ブロスナン(俳優、映画プロデューサー)は、ジェームズ・ボンドの映画『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』の撮影のために、この地を訪れました。

5位 リヴィーニョ(イタリア)

スノーボーダーは多くのリゾートで蔑ろにされていますが、イタリアアルプスのこの地では注目されています。東側斜面にあるエキスパートレベルのモットリーノ・スノーパークでは、金メダリストが定期的にスピンやフリップの練習をしています。谷の向こう側にあるカロセロ3000には、中級フリースタイラー向けのトレインパークがあります。ゲレンデはチャレンジングですが、難しすぎることはなく、本当に難しいパッチはほんの一握りです。リヴィーニョはゲレンデがとても自由なので、オフピステのスキーやスノーボードに挑戦するには絶好の場所です。村は冬の間中、太陽の光を浴びているので、メインストリートはいつもベビーカーでいっぱいです。また、この村は免税店街でもあり、バーゲンを楽しむためのショップがたくさんあります。

6位 トレント(イタリア)

北イタリアの山岳地帯、トレンティーノ=アルト・アディジェ州にあるトレントは、ブオンコンシリオ城やトレント大聖堂など、建築と歴史の宝庫として知られています。また、ブレンタ・ドロミテ山脈のパスポートを持つハイカーたちにも人気があります。

7位 パークシティ(ユタ州)

ソルトレイクシティ空港からわずか35分のパークシティでは、100軒以上のレストランやバー、野外コンサート、数々のスパやヘルスクラブ、演劇、自主制作映画の上映、世界的なイベントやフェスティバル、そして人の数と同じだけの種類の宿泊施設が、その荒々しい美しさをさらに引き立てています。スリルを味わいたいなら、ユタ・オリンピック・パークで夏限定のボブスレーに挑戦したり、周辺にいくつかあるゴルフコースでチャレンジしてみてはいかがでしょう。

8位 アンカレッジ(アラスカ州)

沿岸のチュガッチ山脈に囲まれたアンカレッジは、極地の氷冠や凍りついたツンドラといった一般的なイメージを覆す街です。夏の平均気温は65度で、観光はもちろん、アークティック・バイキングやプリンス・ウィリアム湾のフィヨルド巡りなど、アラスカならではのアクティビティに最適な環境です。冬はスキーや犬ぞり、あるいは犬に引かれながらクロスカントリースキーをする「スキージョアリング」で、両方を同時に楽しむことができます。バイアスロンほどクレイジーなウィンタースポーツはないでしょう。

9位 レイクタホ(カリフォルニア州)

300 日もの日照時間を誇るレイクタホは、季節を問わずアウトドアを楽しむことができる天国です。夏はスイミング、カヤック、ウィンドサーフィンが人気で、冬は大雪のため素晴らしいスキーが楽しめます。屋内でも楽しみたい方は、タホにはたくさんの楽しみがあります。24時間営業のカジノや派手なナイトライフ・シーンなど、まるでラスベガスのような雰囲気があります。ラスベガスのような雰囲気が漂っています。レイクタホの海峡にあるのだから、当然といえば当然なのだが。

10位 デュランゴ(コロラド州)

かつて開拓時代の鉱山の町だったデュランゴは、無数のアウトドアレクリエーション活動と美しい景観のために、年間を通じて何千人もの観光客を引きつけています。マウンテンバイカー、ラフティング、カヤック、乗馬、ロッククライマー、ハイカー、キャンパー、ハンター、釣り人などが、200万エーカーのサンファン国有林やロッキー山脈最大のサンファン山脈に引き寄せられるようにやって来ます。しかし、この街の最大の観光資源は、ビンテージの蒸気機関車で行く9時間の歴史的な列車の旅です。1880年代に貴金属を運搬していたデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道は、現在、山や森を抜け、廃坑を通り、歴史あるシルバートンまでの47マイルのオープンエアの旅に観光客を乗せています。鉄道博物館では、機関車に乗ったり、鉄道の記念品をじっくりと眺めたりと、子供や鉄道ファンにはたまらない体験ができます。冬はデュランゴ マウンテン リゾートにスキーヤーが集まり、暖かい季節にはハイキング、釣り、ラフティング、乗馬を楽しむことができます。歴史あるデュランゴのダウンタウンで、見事に修復されたビクトリア様式の建物を眺めながら散歩してペースを落とし、地元のビールパブやサロンでアクティブな週末を過ごすのもお勧めです。

11位 ブリッケンリッジ(コロラド州)

1859年、探鉱者たちが金を発見し、ブリッケンリッジが誕生しました。現在、この歴史的な鉱山の町は、ワールドクラスのスキー、広大なトレイルネットワーク、フェスティバルやイベント、活気あるメインストリートなど、まったく新しい富を育んでいます。ブリッケンリッジでは、四季を通じて、アウトドア、インドア、そしてその間にあるすべてのものの中から最高のものを選び出すことができます。

12位 レ・ベルヴィル(フランス)

フランスのレ・スリー・バレーの中心にあるレ・ベルヴィルというのどかな地域は、南にある大きくて混雑しているリゾートを避けたいアウトドア愛好家にとって魅力的な場所です。スキーヤーやスノーボーダーはサン=マルタン=ド=ベルヴィルに集まり、暖かい季節には、森や小道が延々と続くサン=ジャン=ド=ベルヴィルにハイカーが集まります。何世紀も前に建てられた教会でシンフォニーを聴いたり、ミシュランの星を獲得したサヴォワヤールの伝統的な料理で暖を取ることができます。

13位 札幌(日本)

日本最北の島、北海道の道庁所在地である札幌は、その名を冠したビールでおそらく最もよく知られています。1972年の冬季オリンピック開催当時の若々しくオープンな雰囲気を保ち、毎年開催される雪祭りと世界的に有名なラーメンで海外からの観光客を魅了しています。ラーメンをモチーフにしたテーマパークがある街は、食通を満足させる街でもあるのです。

14位 モルジーヌ(フランス)

ローヌ=アルプスの町モルジーヌは、スキーヤーのパラダイスで、アルプスの村の雰囲気が山脈とシャレーで強調されています。ツール・ド・フランスが何度も開催されたモルジーヌには、レ・ポルト・デュ・ソレイユの一部であるアヴォリアーズ・スキー場もある。ゲレンデと渓谷が主な見どころで、アフタースキーは屋内型トロピカルウォーターパークのアクアリーズで楽しむことができます。

15位 インスブルック(オーストリア)

インスブルックは、その歴史を通して帝国や共和国に愛され、15世紀末にはマクシミリアン1世の宮廷が置かれた場所です。トラム(路面電車)を利用すれば、市内を素早く、効率よく、安価に移動することができます。10世紀に建てられたフェルディナンド2世のアンブラス城、チロル民芸品博物館、15世紀に建てられた壮大な皇居、マクシミリアン1世の有名な黄金の屋根など、チロルの首都の歴史に触れてみてください。ヨーロッパで最ものどかな街のひとつ、インスブルックはアルプスの中心に位置しています。
ちなみにバートンの欧州本拠地としても知られる場所。

16位 グルマルグ(インド)

毎年冬になると、グルマルグはインドで最高のパウダースノーを求めてスキーヤーで溢れかえります。春と夏には、ゲレンデが青々とした花で覆われた牧草地に変わり、ヒマラヤ山脈の澄んだ景色が一面に広がります。世界で最も高い場所にあるゴルフコースでプレーし、神聖なババ・レシ神社で願い事をし、世界で最も高い場所にあるグルマーグ・ゴンドラに乗って、さらに美しい景色を楽しむことができます。

17位 ベイル(コロラド州)

北米最大かつ最も人気のあるスキーリゾート、ベイルは、ロッキー山脈の中心にあるアルパインの村です。長い間、本格的なスキーヤーやジェットセッターのセレブリティに愛されてきたベイルは、今では若くてヒッピーなスノーボーダーも多く訪れています。ベイルマウンテンとブルースカイベイスンではスキーが楽しめますが、この地域の広大な景色は、ハイキング、サイクリング、スノーモービル、景色を楽しむのに最適です。

18位 ブール・サン・モーリス(フランス)

フランスアルプスの古風な山村といえば、ブール=サン=モーリスが思い浮かぶかもしれません。狭い石畳の道に色とりどりの建物が並び、サヴォワイヤール地方の名物料理を出す店が軒を連ね、昔の面影を残しています。寒い季節には、この地域で最高のスキーを楽しむために、スキーヤーが大勢やってきます。ハイキングに最適な緑豊かな山々や、カヤックやラフティングに最適な澄んだ川など、新しい発見があります。

19位 グリンデルワルト(スイス)

グリンデルワルトは、絵葉書のように美しい、スイスの魅力的なスキーリゾートです。あらゆるレベルの人が楽しめるゲレンデがあり、スキーをしない人でもソリやハイキング、スノーシューなどの雪上アクティビティを楽しむことができます。特にアクティブな気分ではない?暖炉の火を囲んで、陽気な雰囲気を楽しんでください。長い一日を終えたら、スイス・フォンデュとワインを片手に、ゆったりとした時間を過ごすのが一番です。

20位 コルティナダンペッツォ(イタリア)

ドロミテ山脈の高地にあるコルティナダンペッツォは、140本のスキーコースと50マイルを超えるクロスカントリーゲレンデを誇ります。ヴァッレ・ダンペッツォの中心に位置するコルティナは、数十年前からアフタースキーの街として社交界から愛されており、「クリフハンガー」「ユア・アイズ・オンリー」など多くの映画で取り上げられています。

札幌の順位が低過ぎ!?

やや納得しかねる札幌の順位。おそらくはトリップアドバイザーがアメリカのオンライン旅行会社であることが影響しているのだろう。もしも、この順位にオーストラリア、中国、香港、台湾、シンガポールなどアジア票などが考慮されれば、もっと順位は上がったのではないだろうか? 
ただ今回、上位に入った場所は、単にスキー場が素晴らしいだけではなく、アフタースキーの最適なアクティビティ、レストラン、そして何よりファミリー層にとって楽しい場所であることが考慮されているようなので、今後の日本のスキー場の課題としてポジティブに考え、さらに世界の人に向けて素晴らしいスキー場リゾート地を形成していけばいいのだろう。記者はウィスラーに住んでいるが、世界か来る多くのスキーヤー、スノーボーダーは日本が大好き。スキー場も良い雪質だし、何より人々ややさしく食事、温泉など最高!と言う。おそらくトリップアドバイザーの日本の順位も年々上がって行くのではないだろうか。
あとインドと言う南国のイメージが強いスポットが16位に入り、その下にかの有名な高級リゾート地、ベイル(コロラド)が下ランクというのも興味深い結果だ。

Travellers’s Choice 2023
Best Places to Ski — World

https://www.tripadvisor.ca/TravelersChoice-Destinations-cSki-g1

トリップアドバイザーとは?
ユーザー生成コンテンツと価格比較サイトのウェブサイトとモバイルアプリを運営するアメリカのオンライン旅行会社。交通機関、宿泊施設、旅行体験、レストランのオンラインホテル予約・予約も行っている。本社はマサチューセッツ州ニーダムにある。 旅行口コミサイトとしては、世界最大の閲覧数を持っている。

広告