今季ワールドカップで大活躍のマーカス・クリーブランドはスノーボードが大嫌いだった!

今季ワールドカップで大活躍のマーカス・クリーブランドを、FIS Snowboardingがクローズアップ!

マーカスがスノーボードを始めたきっかけは、ビデオゲームでスノーボードに興味を持ったそうだ。
お父さんが実際にスノーボードに連れていってくれたが、転んでばかりでビデゲームのようにうまくいかなくて、「大嫌いだった」。だけど、その半年後に再びスノーボードをして、おもしろさを感じたとのこと。
もしかしたら、現在のマーカスの異次元的な動きは、子供の頃のビデオゲームのイメージがあるのかも!?

現在は、「夢だったプロ・スノーボーダーになれて、とても幸せだ¥と語るマーカス。
また、2018年に膝を怪我をして、しばらく戦線から離れてしまったが、この経験が精神的にも強くなったという。