ショーン・ホワイト 北京2022 モーメント

広告

北京オリンピックのランを最後に引退したショーン・ホワイトの功績を振り返る動画、ショーン・ホワイト : 北京2022 モーメント Athlete Highlightsが、Olympicsチャンネルからアップされた。
北京での決勝ラン3本、さらにはこれまでオリンピックのハイライトシーンをまとめたもの。

前人未到の5度の五輪に挑戦し、3個の金メダル、2度の4位入賞。まさにスノーボード界のアイコン・ライダー。
この記録を破るようなライダーは将来現れるのだろうか?
もしかしたら、それは日本の平野歩夢かもしれない。

北京2022のスノーボード男子ハーフパイプで4位に入賞したショーン・ホワイトは、オリンピックに感動的な別れを告げた。
35歳のアメリカ人は、今大会を最後に引退することをオリンピック前に発表していた。トリノ2006、バンクーバー2010、平昌2018で金メダルを獲得し、ソチ2014は4位に終わった。 最後のオリンピックでは、平野歩夢(日本)、スコッティ・ジェームズ(オーストラリア)、ヤン・シェーラー(スイス)がメダルを獲得し、ホワイトは表彰台を逃した。

広告
広告