AIRHOLE

2006年からずっとAIRHOLEは、テクニカルな生地、仕立ての良さ、最高のグラフィック・デザインでフェイスマスク業界を発展させ、リードしてきました。 私たちの使命は、これからも雪山に挑む冒険者を守ることにあります。

#Airhole

OUR STORY

AIRHOLEの発案者は、カナダのプロ・スノーボーダー、クリス・ブラウンとケール・スティーブンズです。
当時、彼らはバックカントリーでのライディング、さらに長い時間拘束される撮影において、フェイスをプロテクションする良いマスクがなくて、うんざりしていました。
バックカントリーならではの悪天候から守り、ライディング中に必要な激しい運動からの呼吸にも対応するマスクを作るには、どうしたらいいのだろうか?
そこで、ケールはおばあちゃんが使っていた古いミシンを引っ張り出して来て、廃棄されたウェアを再利用。そこから、さまざまな形、サイズ、フィットにカットして、完璧なマスクを見つけました。
そして、機能的なファブリックで作られた人間工学に基づいた形状のフェイマスクを誕生させることに成功!特徴的なエアーホールブレスは、特許を所得しています。
現在、AIRHOLEはカナダのスキー、スノーボードシーンで最も見受けられるフェイスマスクです。
カナダ人の多くが、この高品質なマスクを愛用しています。

独自の特許とエアーフィルターでフェイスマスクのリーディング・ブランドに!AIRHOLEのコロナ時代の対応

カナダのバンクーバーに拠点を置くフェイスマスク・ブランドのAIRHOLEは、様々な高品質なマテリアルとデザインを駆使してこの市場のリーディング・ブランドとしてと知られている。
そんな彼らは来季打ち出しているコロナ時代の対応は、独自の特許、エアーホールに新たにエアーフィルターを付けることで対応することになった。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: airhole-sistem-1024x328.jpg

来季のAIRHOLE商品のすべてに無料で付けられることが決定している。
外すのは簡単だ。まるで、質の良いお菓子の入れ物の蓋のように取れる。そして、装着するとしっかりとフェイスをカバー。リフトラインで待っている時や、レストハウスにはこのようにカバーをしよう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: airehole-white-1024x1024.jpg

ライディングの時には、空気が吸い難いくなるので、外して滑るといいだろう。
付けるのも外すのも簡単で、しかも一度付けたものは洗濯しようが外れないしっかり感もある。
このエアーホールは、AIRHOLEブランドが持つ特許で、他のフェイスマスクにはない大きな特徴だ。
この空気を吸い込みやすい穴は、おそらく、どんなフェイスマスクよりも滑走中に快適な環境を与えてくれる。

朝8時半から滑り終わる時間となる午後4時まで、
私たちは、かなり長い時間、スノーボードのギアに包まれる時間を味わいます。
そこで快適なウェア、履き心地の良いブーツ、視界良好なゴーグルなどが必要になりますが、意外に忘れがちになるのが、快適なフェイス保護マスクです。
快適なバラクラバやフェイスマスクをしていると、一日のスノーボーディングがより楽しく感じます。
これまで、私たちが作る高品質なものを使用していなかった人は、その快適さに驚くことでしょう。

そのライダーの遊ぶステージに合わせた11種類もの生地類、さらには豊富なデザインは、よりあなたを雪山へ誘うことでしょう。

おそらく、これまでAIRHOLEを使ったなかった人は、もう二度と手放せなくなります。

WAFFLE FLEECE

21-22人気ナンバー1モデル、WAFFLE FLEECEは、程よい温かさに通気性も抜群だ。

特徴は、柔軟なパネル構造で顔が出しやすいこと。ちょっと下げれば簡単にアゴを出して、スナックをいただくこともできる!
撥水加工DWR(耐久性撥水)加工がしてあり、さらに軽量で通気性がある。ライディング中に激しい運動をしても、過剰な熱をワッフル構造を介して排出し、温度を調整してくれるという優れものだ。
吸湿 + 速乾性もあり、吸湿を行うと同時に生地を抜けて外に放出!素早く快適なドライ環境を提供します。毎日のスノーボードに欠かせないバラクラバ。
カラーは4色展開で新たにブルーとレッド加わることになった。