カービングおじさんが語る大事な要素『我慢』

コロラドのカービングおじさんライアン・ナプトンが語るスノーボードで大切なことは、『我慢」だそうです。

カービングターンをする時には、やたらにエッジを切り替えるのではなく、粘っこく我慢して斜面を横切るように、大きく回ろう!
まるで、半円を回るような気分で行こう。

緩斜面では、後ろの手を組んで滑るのも効果的な練習方法。

エッジの強弱も我慢が大切で、急激に掛けないようにした方がいいと、カービングおじさんは語ります。

あとは、人待ちにも、我慢は必要。
高速で大きく回るターンをするには、空いているゲレンデが不可欠。
他の滑り手がいるところでは、無理に入らずに、空いたら滑り始めよう!