W杯NZ大会速報!ビッグエアー宮澤、岩渕が予選1位通過!

 

ニュージーランドのカドローナで始まった今季最初のワールドカップ、ビッグエアー大会。新星ジャパンの動向を伺う意味でも重要な戦い。本日行われた予選の結果が入って来たので、早速、ご紹介しよう。

男子は、2つのヒート(組)に分かれて争い、各ヒートに出場する選手は24名、合計では48名の選手が参加。決勝へ進めるのは、各ヒートのトップ5まで、合計10名の選手。
2本ラン行い、ハイスコアが採用されるルール。

ヒート1(予選1組)では、アメリカのカイル・マックが、彼のシグネチャートリックと言われるバックサイド・トリプルコーク1440ジャパン・グラブを決めて90.60点をマーク。1位通過となった。

2位には、ジュニア世界選手権で優勝したばかりの大塚健。
そして3位には平昌オリンピックに出場した大久保勇利が入った。

ヒート2(予選2組)では、宮澤悠太朗が1位通過!!!
2本目のジャンプでバックサイド・トリプルコーク1620ミュートグラブを放ち、95.60点をマーク。このジャンプは、この日に出場した全選手の中で最もハイスコアとなった。

続いて、オリンピックにも出場した國武大晃が2位に入った。
3位はアメリカのクリス・コーニング。

宮澤は、実力者と言われながら、これまでワールドカップという戦いのステージに立つことはできなかったが、ここへ来て大きな結果を出すことに成功。
決勝でのパフォーマンスで、表彰台への期待が掛かる。

またヒート2では、飛田流輝が出場したが、13位という悔しい結果に終わり、決勝進出を逃した。

男子の方では、カナダのビッグエアー三銃士、マーク・マクモリス、マックス・パロット、セバスチャン・トゥータントは出場しておらず。今大会は日本勢メダルラッシュの期待大!

以下、男子ビッグエアー予選結果。
http://medias3.fis-ski.com/pdf/2019/SB/7045/2019SB7045RLQ.pdf

女子の方では、岩渕麗楽が1位、そして鬼塚雅が2位で予選を通過。共に平昌五輪に出場した選手。しかも、この日出したトリックも共にバックサイド720。岩渕の方は、よりスムーズに決まった点が評価が高かったようだ。

女子の方では、アンナ・ガッサー、ジェイミー・アンダーソンなどの世界トップ選手が出ておらず、二人のスコアは、他の選手を圧倒するもの。決勝では日本勢同士の優勝争いとなりそうだ。

以下、女子ビッグエアー予選結果。
http://medias2.fis-ski.com/pdf/2019/SB/7044/2019SB7044RLQ.pdf

日本勢メダルラッシュ期待の決勝戦は、明後日に開催!

 

 

View this post on Instagram

 

I hope the weather is good for finals🙏 Photo: @lee_ponzio 😆 . . . . #rockstarenergy#GLAY#golfpartner#burton#日本スキー場開発#oakley

Reira Iwabuchi⛄️岩渕麗楽さん(@leila_iwabuchi)がシェアした投稿 –