USグランプリ予選結果 穴井、片山らが決勝へ

 

アメリカのコロラド、カッパーマウンテンで今季最初のワールドカップのハーフパイプ大会、USグランプリの予選が行われた。

男子では、オリンピックの金、銀メダリストのショーン・ホワイト、平野歩夢の不在の大会となり、ネクストのメダリストを占う重要な一戦に。


(男子ヒート1で見事に予選1位通過を果たした穴井選手。)

ヒート1では、こらまでワールドカップとは無縁だった穴井一光が1位通過に成功。
2位は、アメリカのチェイス・ジョセー、3位にオーストリア出身で平昌では銅メダルを獲得しているスコッティ・ジェームスが入った。
さらに、日本の若獅子、17歳の戸塚優斗が4位で予選通過に成功!

ヒート2では、片山來夢がこの日の最高点、93.50をマークして1位通過。
今季最初の大会で優勝への機運が高まった。

16歳の平野流佳は、残念ながら全体15位で予選敗退。決勝戦へ進める狭き門、トップ10には入れなかった。

男子ハーフパイプ結果
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2019/SB/7598/2019SB7598RLQ.pdf

女子の方では、やはりこの人!平昌オリンピックでも金メダルを獲得し、今ではハーフパイプの女王街道まっしぐらのクロエ・キムが、貫録の1位通過。
2位にマディー・マストロ、3位はアリエル・ゴールドとアメリカ勢がトップ3までを独占。


(女子予選1位通過はクロエ・キム。高さや完成度で他の選手を圧倒。)

日本勢では、松本遥奈が6位、今井胡桃が7位で予選通過に成功。
大江光は、女子決勝トップ8にわずかに届かず、10位で予選敗退となった。

女子ハーフパイプ結果
https://www.fis-ski.com/DB/general/results.html?sectorcode=SB&raceid=15204