大塚健が十字靭帯と半月板の怪我からのリハビリ報告!

 

北京オリンピックで期待が高まる日本の若きエース、大塚健が先月コロラドのアスペンの撮影中に、十字靭帯と半月板の怪我。
その後、アメリカの一流のドクターの元、手術を受け今は順調にリハビリを行っているとのこと。
心配しているファンやスポンサーに向けて、インスタで経過報告。

「復帰するまでに長い時間がかかると思いますが強くなり笑顔で戻ってきます。」
と力強いメッセージ。

早く回復して、再び大空に舞う大塚健選手の姿が見たい!

 

View this post on Instagram

 

I’m so sad to announce this happened😌 I had surgery for my left knee ACL and Meniscus at Vail Hospital. This is unlucky but lucky because Vail Hospital is best knee surgery in the world, so surgery went really really well !!! Probably 6-10 months to recovery. It’s long way to back on snow. But I have to overcome difficulties, so I will keep thinking positively!!! And I wish come back stronger than ever!!🌎🏂 . . Thanks for taking care of me @marshall.talbot @frankievt @jake.canter and @stormchaser0715 And Thanks for great surgery Dr.Hackett🙏🏻 . . 先月アメリカのアスペンで撮影中に前十字靭帯と半月板を怪我してしまいました。アメリカの一流ドクターのもと手術を受けて今はリハビリに専念しています。 現地で面倒見て頂いた関係者の皆様の支えがありスノーボードができているんだなと感謝しかありません。ありがとうございました。 予定していたイベントや行事に参加できなくなってしまいスポンサーや関係者の方々に大変ご迷惑お掛けしました。 復帰するまでに長い時間がかかると思いますが強くなり笑顔で戻ってきます。 @burtonsnowboards @burtonjapan @anonoptics @redbull @redbulljapan @redbullcanada @murasakisports_official @saitamaquest @obuse_quest #MkTuneUp

Takeru Otsukaさん(@takeru_otsuka)がシェアした投稿 –