飛田流輝がW杯で3位で初表彰台!女子ツアー王者に鬼塚雅!!

 

遂にこの男がやって来た!飛田流輝がワールドカップのスロープスタイルで、初の表彰台となる3位に!優勝はUS OPENも制して絶好調なレッド・ジェラード(アメリカ)。

昨日女子が悪天候のため中止アナウンスがあったが、男子の方は強風という悪天候の難しい中で開催。

飛田流輝は、最初のジブアイテムで、ハーフキャブオンを決め、50-50 バックサイド360アウトという抜群のスタートを切り、最近スロープでよく採用されるトランジションでは、スタイル抜群のフロントサイド720を決めてみせた。さらび最後の3連ジャンプで、キャブ720、スイッチバックサイド1260、そして最後は鮮やかにバックサイド・ダブルコーク1080をメイク。
この2本目のランで見事、初の表彰台を決めた!

以下は、優勝したレッド・ジェラードのラン動画。

2位は、アメリカの新鋭ジャッド・ヘンクス。

他の日本勢では、國武大晃が14位、宮澤悠太朗が19位、大久保勇利が21位となった。
昨シーズン、ワールドカップで活躍していた勇利が今季は結果を出せずに苦しんでいる印象。
しかし、仲良しの1つ上の流輝が表彰台に立ったことで、テンション高まったハズ。今後に期待したい。

一方女子の方は、すでに中止になったことは先にお伝え済みだが、このマンモス大会の結果を受けて、すでに今季のスロープスタイルのツアー王者が決定。鬼塚雅が、世界のスロープ女王に!
今季コンスタントに結果を出し続けて来た実力は凄かった。