LAAX OPEN 片山4位、戸塚6位、平野8位で決勝へ

 

スイスのラークスで行われているワールドカップ、LAAX OPENハーフパイプ。そのセミファイナル男子で、片山來夢が4位、戸塚優斗が6位、平野流佳が8位で共に決勝へ進んだ。


Photo: FIS Snowboarding

男子では、トップ12位までが決勝に行けるルールで、穴井一光は惜しくも0.25ポイント足らず13位。決勝進出を逃した。

男子1位通過はスコッティ・ジェームス(オーストラリア)。

以下、男子セミファイナル結果。
http://medias3.fis-ski.com/pdf/2019/SB/7516/2019SB7516RLSF.pdf

一方、女子の方のセミファイナルでは、トップ6までが決勝へ進めるが、今井胡桃が7位、大江光が9位、冨田せなが10位となり、決勝へ進める選手は
いなかった。

1位通過は、クロエ・キム(アメリカ)。

以下、女子セミファイナル結果。
http://medias1.fis-ski.com/pdf/2019/SB/7515/2019SB7515RLSF.pdf