イタリアW杯 男子は木俣と飛田が決勝へ

イタリアで行われているワールドカップ・ビッグエアー大会。
男子は、2つのヒートに分かれて、トップ5の選手だけが決勝に行けるルール。

日本勢では、木俣 椋真がヒート1で3位、同組マーク・マクモリスの1つ上を行く成績で決勝へ。
また、ヒート2ではここ最近、メキメキと調子を上げている飛田流輝が3位で決勝に進んだ。

その他、日本勢では濱田 海人が37位、國武 大晃が38位で予選敗退となった。

以下、男子ビッグエアーの成績詳細。
http://medias3.fis-ski.com/pdf/2020/SB/7059/2020SB7059RLQ.pdf