【2020-21年版】オススメのスノーボード・パウダーフリーライド系 T.J BRAND / FLYING-V

スワローテイル形状の「FLYING-V」。
3Dシリーズ最長のレングスを誇る160cm。

A.B.M.モデル

T.J=ショートボードというコンセプトイメージが示す通り、スワローテイルボードの特性から考えると短めのレングスと言えます。浮力を有し、取り回しやすさと次元の高いライディングのバランスが絶妙に絡み合った形状、レングス。

「FLYING-V」には今までに培ってきたノウハウを最良のバランスで最大限に詰め込みました。ABM model(ALL BAMBOO MATERIAL model)にはALL BAMBOO WOODCOREを採用し、BAMBOO COREがそのまま剥き出しになるNO SIDEWALL構造。SHIFTでも実証された絶妙且つナチュラルな乗り味を体感できます。MIGHTY GLASSを採用することで重くなりがちなBAMBOO COREの重量を抑えるとともに、非常に優れたレスポンス性能を引き出しています。BAMBOOの特性であるしなやか且つコシのある反発力を増幅させ、より快適でクイッキーながらもより自然な乗り味を提供。

構造違いのPAC modelには軽量芯材のX-woodとPoplarのミックスコアにウエスト周辺から踏み込んだ時に一番力の加わるSide Curve部分へとアーチ状に伸びたBambooVertical carbonを組み込みました。非常にクイックでキレのあるライディングを楽しめるモデルです。
ボード全体のしなやかなフレックス感、一体感を楽しみたい時はABMモデル、より軽量でありながらタフなライディングを好み、長い有効エッジを使ったキレのあるカービングを楽しみたい時はPACモデルをお勧めする。2021modelでは2モデル共にテイルのフレックスバランスを若干フレキシブルに変更、ターン後半の操作性を向上。

P.A.C. モデル



A.B.M.モデル価格:118,000円(税別)
P.A.C. モデル価格:120,000円(税別)
サイズ:両モデル 160cm


ライダーオススメのコメント:有馬 新(オフィシャルガイド)
A.B.M.モデルとP.A.C.モデル、同じアウトラインで2種類のコアが選べるフライングV、ABMとPACを比較するとトップスピードの違いがあります。ABMはレングスの長さやサイドカーブの大きさを感じさせない操作感の良さ、パウダーでの浮力の高さはもちろん、緩斜面での走破性に優れ、ABMの大きな特徴によるしなやかさ、雪面を面でとらえ荒れた斜面でもはじかれない見た目以上の乗りやすさを実現しています。
PACは軽量でありながら非常にタフな仕上がりになっており、3Dノーズによる浮力を生かし、トップスピードに乗る速さも抜群です。
深いターンの後も失速せず次のヒットを狙えます。パウダーは当然のことピステバーンでも大きいサイドカーブとスワローテール特有の有効エッジを最後まで使ったターンは最高に気持ちいいです。
春の立山や谷川岳の肩の広場などの大きな斜面でフライングVの特性を生かし、今まで味わったことのないスピードとビッグターンに導いてくれるでしょう!!