【2020-21年版】オススメのスノーボード・ビンディング メンズ 9選

恒例!DMKがまとめたオススメのスノーボード・ギア企画、スノーボード・ビンディングのメンズ9選。

読者の方にアンケートを取り、オススメのスノーボードのビンディング・メーカーをピックアップ!さらにショップライダーやプロスノーボードSHOPのオーナーさんにメーカーを推薦してもらいました。ご協力していただいた方、今年もありがとうございます!
総合結果を集計し、上位に入った各メーカーさんに、オススメのビンディング・モデルをご紹介していただきました。
ぜひ今季のあなたのビンディング選びのご参考してください!

※メンズ用とご紹介していますが、ここで紹介したレディースモデルは男女関係なしにオススメしている場合もあります。
※モデル名まで推薦していただいた場合には、メーカーさんにそのモデルを参考に選んでいただきました。

2020-2021 オススメのスノーボード・ビンディング メンズ9選
1 K2 / FORMULA
2 FLUX / XF_ JOHN JACKSON
3 UNION / STRATA
4 Karakoram / LAYBACK
5 BURTON / CARTEL X
6 K2 / LIEN AT 
7 NOW / IPO2 
8 RIDE / C-10 CLASSIC BLACK
9 NITRO / TEAM PRO
※掲載した順番は、順位とは関係ありません。

K2 / FORMULA

トップライダーたちが長年愛用し続けるフォーミュラ。
いかなる状況でも耐えらえるように設計され、頑丈で軽量なプロフュージョンシャーシを採用しています。
快適性に優れた3度角のカントフットベッドと100%ツールレスアジャストメントは、オン・ヒルパフォーマンスに過ぐれたメンテナンス仕様になっています。
3カラー目にはトップライダー、ジェイクのシグネチャーボードMediumのデザインが施されています。

カラー:Black, White, Flamingo, Blue
サイズ: M(23-29), L(26-32), XL(29-33)

価格: 36,000円(税別)

ライダーオススメのコメント:渡辺 大介
足元をしっかりと包み込むFormulaは、グランドトラックからハードなボムドロップまでしっかり足元をサポートしてくれます。
レベルアップしたい人、ハードに攻めたい人にオススメです。

FLUX / XF_ JOHN JACKSON

最先端の操作性を、クラシカルなデザインで。人間工学に基づき開発された操作性と快適性を誇る、新世代ハイパフォーマンスモデル。

HIGHBACK
-Retro-Mod
外側はクラシカルな見た目の対称形状。内側の非対称構造はブーツの動きへ追従しながらも反発性を持ち、ランディング時のトーションコントロール性を向上。

-Super Tough Nylon
低速から高速、ビギナーからエキスパートまでオールラウンドに対応するミディアムフレックス素材。

-Redux Lean Adjuster
小型化により軽量化。ワンアクションで簡単に調整可能に。

-Micro Adjuster
1メモリ前に移動させると約2.5度前傾する。より細かいハイバックセッティングが可能。

BASEPLATE
-Transfer
インパクトポイントに確実にパワーを伝え、軽量かつダイレクトなレスポンス。

-Performance Blend
最もオールラウンドに使えるミディアムフレックス。あらゆるライディングシーンに対応。

-Toolless Lever
工具がなくてもベストなセッティングが可能。ストッパー付でネジの緩みも防止。

-Adjustable Toe & Heel Cushion
ブーツサイズやボード幅に合わせた調整が可能な可動式クッション。

-Footon
過酷な環境下でも雪が付きにくい素材を採用。ダイレクトな足裏感を味わいつつもライディングに必要なクッション性も備える。

STRAP
-Waffle Strap
装着していることを忘れるほどの快適なホールド性と動きやすさを備えたワッフルクッションと、ダイレクトなパワー伝達を行うPower Strapの2層構造。

-Beer Buckle
最後の一締めまで確実に締め上げる新設計ラチェットバックル。乾杯のときに困らない栓抜き機能付き。

-F.T.M versa
好みのライディングに合わせてつま先、甲と2WAYで使用可能。柔軟性のある素材を採用する事であらゆるブーツに適応。

-L-Guide
ベルトをスムースに収納。

-UU Fit
360°から包み込むストラップシステムにより自然なホールド感と圧力の均一化を実現。

カラー:XF“John Jackson”
サイズ: XS、S、M、L

価格: 40,000円(税別)

ライダーオススメのコメント:ジョン・ジャクソン
私はFLUXのXFバインディングをずっと愛用している。
FLUXバインディングは調整も楽で、耐久性、軽さにも優れているし、毎年自分のシグネチャーモデルが出るのもワクワクしている。
2020年モデルも最高の出来だ。

UNION / STRATA

柔軟性と反応の良さを両立したオールラウンドモデル

デビュー以来大注目されているSTRATAが今季さらにグレードアップ!
大きなチェンジはカント性能をさらに生かす新型のアンクルストラップ。
そして自由度の中に反応の良い操作性をミックス。
ミニディスクと衝撃吸収性に長けたラバーブッシングの組み合わせが程よいルーズさをもたらすが、ローからハイスピードまでの幅広いレンジでシャープな滑りもサポートする絶妙なバランスが特徴。
カントが入っているためボードをしっかりと踏み込むことが可能で、あらゆるコンディションとロケーションに対応する。

カラー:Black, Earth, Acid Green, Union Orange
サイズ: S(Black, Union Orangeのみ), M, L

価格: 36,000円(税別)

Karakoram / LAYBACK

文字通りレイバック(気楽な)レスポンス。
柔らかいレスポンスとフレックスパター ンにより、サーフ感覚の乗り味を与える LAYBACK(レイバック)。
新開発のサーフサ イドウォールにより自由な動きと、3D成形のEVA素材フットベッドによりブーツ裏に最高のフィット感とクッション性を。
そしてサーフストラップが、自由な足首の動きを約束します。

カラー:ワンカラー
サイズ: S、M、L

価格: 55,000円(税別)

BURTON / CARTEL X

抜群の装着感に加え、全地形に対応するパフォーマンスを備えた伝説的バインディングがアップデート。さらに軽くなり、レスポンスも向上。

メンズ バートン カーテル X リフレックス スノーボード バインディングで、最高レベルの装着感とレスポンスを感じてください。
あらゆる斜面を滑り倒すために設計され、優れたホールド感とレスポンスを提供するアンクルのハンモックストラップやハイバックのヒールハンモックを搭載。
FullBedクッションは快適な装着感のネクストレベルをもたらし、フリースタイルに適したゼロフォワードリーンも採用しています。
こちらは、全てのメジャーマウンティングシステムに対応するRe:Flexバージョンです。

カラー:Black, Team Gray, White / Black / Multi, Neo-Mint / White, Yellow
サイズ: S, M, L

価格: 41,000円(税別)

K2 / LIEN AT

身体を傾けてハードカービングをしているとき、ふわふわの深いところにいるとき、K2のLIEN ATならストレスなく対応してくれます。
アグレッシブで全地形を制覇したいというライダーのために設計されたこのおLIEN ATはATオプティハイバック、ツールレスアジャストメント、チューナブルトライポッドシャーシwithロックアウトブロックを採用し、最高のレベルのボード感触と安定性、パワー伝達を提供します。
レジェンドライダー・パットムーアのカラーも要チェック。

Grey/Pat Moore

カラー:Black, Grey/Pat Moore
サイズ: M(23-27), L(26-30), XL(29-33)

価格: 40,000円(税別)

ライダーオススメのコメント:渡辺大介
ベースプレート裏側のトライポッドのお陰で、僕の好きなサーフスタイルとスケートがMIXした独自の動きが出来るようになります。
スタイルを追求したい人にオススメです。

NOW / IPO2

カナディアンレジェンドJF・PELCHATが開発当時、「ビンディングでターンさせる」をことをコンセプトに約10年に及ぶ研究の末に辿り着いたIPO、そこからさらに進化したのがIPO2だ。

最大の特徴であるSKATETECHによって、ビンディングはしなやかに稼働し、ターン操作時にはボードのトーションを引き出す。
エッジを雪面へ効率的に刻むことができるので、ターン技術の向上を求める方には最適な機能性だ。
20-21シーズンは、ビンディングのトータルフレックスを変化させることができるブッシングパーツを二種類付属することにより、この一つのビンディングでソフト~ミドルフレックスの設定が可能になる。

カラー:Black
サイズ: S、M、L

価格: 39,000円(税別)

RIDE / C-10 CLASSIC BLACK

今季一新したRIDEビンディング。
プラスチックの乗り味を好むユーザーのために新たにラインアップされた、アルミニウムヒールカップとコンポジットトレイを組み合わせたCシリーズのハイエンドモデル。

CLASSIC BLACK

アルミニウムヒールカップは必要な場所にアルミニウムの感触と耐久性を提供し、コンポジットトレイは快適性とスムースなライディングを実現します。
ハイバックはウレタンの比類無き衝撃吸収性能と、カーボンファイバーによる優れたレスポンスを提供するThe Carbon Slimeback™ハイバックを搭載。アンクルには、二つの異なる密度のプラスチックとフォームを組み合わせた3ピースアンクルストラップを装備し、快適性、耐久性、そしてパフォーマンスを実現します。
センターディスクはアルミニウムディスクと汎用性の高いコンポジットディスクを搭載し、ユーザーの好みでチョイスが可能。
2.5度に角度が入ったフットベッドにより効果的にノーズからテールまでのパワー伝達を実現します。C-10はカーボンのレスポンスとコンポジットトレイの滑らかな感触を好むライダーのための高性能ビンディングです。

カラー:CLASSIC BLACK / KUMA DRAGON
サイズ: M、L

価格: 52,000円(税別)

KUMA DRAGON

ライダーオススメのコメント:野々垣瑠
しっかりとしたホールド感があり、高速で突っ込んで大きなスプレーをあげたい人におすすめです。
アルミベースでは出せない絶妙なしなやかさを感じられ、パークやフリーライドでもスムーズなライディング◎warpigとセットアップすれば相性最高!

NITRO / TEAM PRO

この2シーズンNitroのTeam Proバインディングはプロライダー達の標準装備として定着してきました。
ハードなランディングにも耐えうる衝撃吸収性能と信頼できる品質が、Sven ThorgrenやMarcus Klevelandの日々のパークライディングからX-
Gamesのような大舞台での大一番までしっかりとサポートします。
世界最高峰のライダー達のハードなライディングにも耐えれるよう設計されている事はもちろん、フィットと快適性もお墨付きです。

Team Proは確実なフィットとレスポンス性に優れたストラップ、高い耐久性を兼ね揃えた、私達の作るバインディングの中で最もプロの使用に適したフリースタイルバインディングです。
不可能とされてきた事へ挑戦し続けるNitroライダー達の情熱にインスパイアされたモデルで、抜群の操作性を誇るProハイバックにヘビーデューティー仕様のフォワードリーンアジャスターを採用。プレミアムアンクルストラップは踏み切る直前の自信と精確なコントロールを提供。
特にMarcus KlevelandやSven Thorgrenのようなライダーにとってバインディング最も重要なギアで、どのような状態でも確実性が求められます。
Vibram©のEcoStep™ラバー製のÜbergripトゥストラップや、スチールケーブルで補強されたコネクター、強化ラチェットを採用しているのはその為です。
限界に挑戦する為にプロ仕様のバインディングを探してる方にぴったりのモデルです。
もちろん現在お持ちのセットアップのトータルパフォーマンスを上げたい方にもお勧めします。

Goldy

カラー:Goldy, White
サイズ: M、L

価格: 44,000円(税別)

White

ライダーオススメのコメント:堂前和也
自分はNITROのTEAMビンディングが好きで長年愛用してきましたが去年からTEAM PROが登場し、こちらにすっかり病みつきになりました。
ハイバックがより薄くしなやかになったことで操作性や反応の早さが格段に向上し、それがたとえ高速スピード域になったとしても自分がしたい動作をしっかりと板に伝えられることができ、本当に頼りにできるバインだと思います。
TEAMビンディングが本来持っているブーツを包み込むようなフィット感、疲れを軽減するショック吸収構造は変わらず健在。ストラップにワイヤーが組み込まれていて耐久性は抜群。
今日も明日も来年も末長く快適にスノーボードを楽しめる傑作バインディングです!

今季のベスト・ビンディングの傾向

より軽く、よりレスポンスの高さが向上!
すでに多くのユーザーレベルでは、満足いくビンディングをリリースしていたと思うけど、さらにメーカーはより良い商品をリリースして来た印象です。
スノーボーダーたちに長年人気あるバートンのカーテルは、その象徴モデルかと思います。

バートン、フラックス、ユニオンあたりが、人気3大ブランドと言えるでしょうが、その他にも良いビンディングはあるので、ぜひチェックしてみてください。

始めてメンズのベストバインに選ばれたのは、スピリットボード派に人気があったKarakoram。ひじょうにスマートなデザインで、気になります。こうしたシンプルデザインは、K2にも反映されているような印象。

ビンディングというのは、ブーツの相性もあり、これまで使っていたものよりも変更し難い。また、板やブーツに比べて、比較的に買い替え周期が鈍いアイテムかと思います。
それでも、以前、3点セットなどの安いバインを買ってしまい、買い替えを考えてい人なんかには、参考になるでしょう。
これまで同じバインばかりしていた食わず嫌いタイプのような方も、まずはここでご紹介した評判高いビンディングもチェックしてみてください。
そして、気になるバインがあったら、ぜひ自分のブーツを持って、ショップにチェックしていきましょう!

近年のバインは、どこのメーカーもひじょうによくできていて、今季はさらにレベルアップしている印象です。