【2020-21年版】オススメのスノーボード・パウダーフリーライド系 GENTEMSTICK / TT 165 CLASSIC

TT modelは1989年にアウトラインがシェイプされ、90年に発表された。
以降サイドカーブ、ボトムやテールロッカーの変更を経て現在に至るが、レングス、ワイズ共に当時のアウトラインを守り通してきたモダンクラシックデザインである。
取り回しがよく非常に抜けのよい短いラウンドテール。
シャープなスプレーをソリッドにブチ上げるポインティーノーズ。
サイドカーブとロッカーラインが作り出す美しいアウトラインは、雪の上で自由自在にサーフするため、誕生以来、徹底的にスタイルを追求し、磨き続けてきた。
如何なるコンディションでもこの一本で通し続けるハードコアースノーサーファーのためのGENTEMSTICKフラッグシップモデルだ。
普遍であり、また新たな時代のアイコン。それが TTmodelなのである。

サイズ: 165cm
※さらにくわしいボードのサイズ情報は、以下ページご参考にしてください。
https://gentemstick.com/productsDetail/id_283/
価格:  145,000円(税別)

ライダーコメント/藤田一茂
1989年に玉井太朗さんによりシェイプされて以来、基本的なアウトラインはそのままに今に至るGentemstickのアイコンだ。
僕は88年生まれ。自分と同じ歳のボードがどんな乗り味なのか気になりすぐにそれに飛びついた。
当時の太朗さんのスキルの高さを彷彿とさせるクセものな乗り味に苦戦もしたが、その奥行きの深さや当時を感じさせる乗り方を学ぶことで自分の滑りに大きな変化が現れたことは言うまでもない。
ユーザーの中では勉強ボードとも呼ばれるこのボードは多くの滑りに基礎を学ばせるというところでも活躍している。
そして、美しいシェイプの数々を揃えるGentemstickの中でもより洗礼された美しさを放つこのボードは、雪の上を流れるように滑り、振り返って眺めるラインの美しさにもそれは現れている。
正直なところ、誰にでも乗りこなせるモノでは無いが、このボードの魅力を理解出来た時には、きっと新しい感覚で雪と向き合う自分に出会っているはずだ。
それがこのTT165 CLASSICの最大の魅力と僕は感じている。