いろいろなライダーやインフルエンサーが想いに応えて参加、協力を頂き、大阪KINGSの周年祭G.OP07が大成功で終了した。そのライダーの一人である稲村樹が独自の視点で動画とレポートを制作。早速、ご紹介しよう。

記事素材提供:サイドウェイ株式会社

この日は晴天!参加者たちは気持ち良さそうにスノーボードを楽しんだ。

長い梅雨がようやく明けた8月 1日、大阪キングスの周年祭イベント GOP07 が開催された。
毎年盛り上がりを見せている G.O.P は今年で 7 回目。しかし、今年は開催が危ぶまれていた。
理由は周知の通り、春から猛威を奮っている新型コロナウィルス感染症の影響を考慮する必要があったからだ。
安全は確保できるのか、この状況下で人は来てくれるのだろうか?いつになったら安全にイベントができるのであろうか?
正直、ネガティブな要素を挙げてみるとキリがない。そんな中、大阪キングスが下した決断は開催決行。
入り口での検温、アルコール消毒による徹底除菌、マスク着用、徹底した対策を行った上でイベントが行われた。

協賛メーカーの出展ブースの様子。

今回は協賛スポンサーである CAPTAIN STAG、 SPOTAKA 、牛乳石鹸 も普段以上の思いがあり、協賛を行っていたと個人的には思っている。
なぜなら、協賛したイベントに感染者が出たのならば、間違いなく今後は他のイベントへの協賛も難しくなる。加えて、その会社がダメージを受ける可
能性も 0 ではない。それも承知の上でこのイベントに協賛を行っているのだろう。
みんなの遊び場を守りたいという強い思いがあり、今回の決断の至ったのではないだろうか。
そんな理解のある会社、スタッフの方には熱い思いがあったに違いない。
また、ポジティブに考えてみると、イベントを成功させることは今後も長く続くであろうイベント自粛モードの 1 つの光になりうる。
野外でのイベント開催、かつ万全な対策を行い成功させることは、他の場所で行われるスノーボードイベントにも良い影響を与えるはずだ。

左)MC VOL 右)大阪キングス岡本圭司 S LIFE DESIGN協力の元、マスクを着用。
今季イベント!スリーグッドでの参加者の見事なトゥイーク。

イベントというのは参加してくれる方達が居るからこそ成り立つ。
こんな時だからこそ、参加者の有り難みをより一層感じとることができる。

背景の山々をバックに飛ぶライダーのジャンプは一段とよく映える。

毎年、ライダー達も周年祭を祝うために各地から集まってくる。
滑りで魅せてくれるのはもちろん、ジャッジをしたりお客さんと滑ってくれたり、イベントを主催者にとってこんな嬉しいことはないだろう。
加えて、今年は P-CAN FACTORY、チョコチャン、LEAD 大阪、92CREW、あすかだよの YouTuber や各 SNS で活躍するインフルエンサー達も多く参加。
こうした一般層への発信を得意としている影響力のある人達も自ら大会に参加して、ライダー達と共にイベントを盛り上げる。

お互いを称え合う。左)谷口尊人、右)西村大輔 レジェンドコースの一コマ。

今回のメインイベントである COW KIN。
アマチュアクラス、30 歳以上のレジェンドクラス、プロクラス 3 つのクラスに分かれて行われるお題形式のトーナメント大会。
一般的な大会とは違い、様々なレベルの人たちが楽しめるように工夫が施されていた。
予めトリックが決まっているので、観ている側もわかりやすかったではないだろうか。

レジェンドで優勝した西村大輔の授賞式。

夜にはゲストを招いてのライブやムービー試写会などが行われた。

Martha&Georgieのライブ、何度聞いても癒される。
OUPPUTによるムービー試写会。

今年も無事に終えることができた G.O.P 07。
このコロナ渦のなか行われた今回 G.O.P はある意味試されていたのかもしれない。
しかし、参加してくれる方達やイベントを必死に盛り上げてくれるインフルエンサーの方達、ライダー、協賛メーカーなど、沢山の方の支えによってイ
ベントを成功させることができた。
こんな時だからこそ、協力しあい、工夫しながら対策を行うことで、これに続くように楽しめるイベントが 1 つでも多く開催されることを願いたい。
個人的には久しぶりに 1 日中、太陽下に居たのでさすがに疲れてたが、楽しさと充実さが残った良い 1 日となった。
そんなイベントの様子を短くまとめた動画をご覧ください 。

稲村樹プロフィール

1995 年2 月26日生まれ 愛知県出身
以前はスロープスタイル日本代表として、世界選手権やワールドカップを転戦。
その後、怪我などがあり、選手としての活動に一旦区切りをつけた。
現在はサロモンの契約ライダーとして活動しながらも選手育成や大会運営に携わりつつ、自身の表現など様々なことに挑戦しながら、活動の範囲を広げている。