新スタイルのメソッド

張り切って山に行ったのに、今日は生徒の数に対してイントラが多過ぎてレッスンできませんでした。残念。

朝、ボスが、「誰が凄く仕事したいですか?」と聞くのだけど、そう聞かれると、なかなか手を上げられないものです。だって、みんな若い子たちは、ウィスラーで生活するのに必死。その子たちを押しのける気持ちにはなれないのです。

だけど、先週だったか、天気が悪い日になると、逆に誰も仕事したくなくて。またパウダーになると仕事したくない奴が出るんのだけど。ともかく、そういう日は、フサキ・パパが頑張るって感じです。

まあ、僕は基本的にいつも仕事をしようとしているんだけど。今日のように競争が激しい日には、引いてしまいますね。

そこで、今日はボスのマークといっしょに、パークの下見。
パークのコース名の確認や、キッカーをチェックして、その形とかの提案するってわけです。

毎年、ウィスラー、ブラッコムのパークの形や、設置する場所は微妙に変わるのだけど、その要因の1つにはマークの意見も入っています。僕は、その手伝いというわけではないけど、それに付いて行ってついでにパークを楽しみました。

今日、何か魔がさして、普段はあまりやらないメランコリー・グラブをして、そこから反るような形でメソッドをしてみました。そしたら、それが結構、気持ち良かったです。

前からあるようなスタイルだとは思うけど、僕のメソッドの歴史の中ではやっていなかったスタイル。いつも、メソッドという感じで、すぐに体を反らすようなスタイルだったから。
今日やったスタイルは、自分で言うのもなんだけど、結構、カッコ良かったような気がしました。

今日は雲海で、山の上は、とても綺麗でしたよ。