マーク、ケール、シモン

今日、山はオフ。いい充電日となった。

昨日はマークの撮影で楽しかったけど疲れたなあ。あまり撮影者のことを考えない、容赦ないスピードで現場を移動するから。まあ、最終的には良い撮影になっからいいけどね。いろいろおもしろい話も聞けたし、やはり仕事をすると情報が入るものである。

そう言えば、撮影途中でケール(スティーブン)に会った時のお互いのあいさつが、なんかよそよそしかったなあ。あいつらきっとあまり仲が良くないのだろう。以前、ブラウナー(クリス)も、マークのスタイルは好きでないような、ことを言っていたような気がする。オレから見たら、マークのビッグ・エアー技も尊敬に値するし、またケールやブラウナーたちが行うバックカントリーでのジャンプも本当にカッコ良くて、どちらも好きだけどね。

個人的に最近、夢中になっているのはやはりシモン。やっている難しい技を、これだけ簡単に見せるライダーも本当珍しい。それこそ、レール上のチョッカリ50-50だけ取っても、本当にカッコいいんだ。シモンは来月にウィスラーに帰って来るというし、早く撮影するの楽しみだなあ。