ブレッケンリッジにショーン・ホワイト登場!

ブレッケンリッジでU.S. SNOWBOARD GRAND PRIXを取材を続けているジュリアン・イタガキ氏から、最新の情報、写真などが届いた。その情報によると、なんとショーン・ホワイトが登場したとのこと。東京ドーム大会を終え、真っ先にブレッケンリッジに戻って来たようだ。あいかわらず激しい活動ぶり。
さらには、カナダの新コーチにハンナ兄が決まったとの最新情報も!
以下はジュリアンからのメッセージ内容。

ブレッケンリッジはマジで調子いいですよ。パークもきれいで、パイプは多分今アメリカで一番きれい。しかも最近ずっと晴れてる!
昨日からHannah teterが滑ってて、今日Shaun Whiteが来ました。
後、Steven FisherとZavier Hoffmanも滑っています。
日本人ライダーで大会終了後も聡子(山岡)、ナホ(水木)、志保(中島)が滑っています。
みんなは25日までいます。
今年のUS Grand Prix大会は世界中からいっぱいライダー来てまして、かなりレベ
ル高かった!
チームカナダに新しいコーチが入りました。それはABE Teter、ゴールドメダリストのハンナの兄貴です!
チームカナダのライダーはほぼ全員来てました。でもDominique(バレー)とmaielle(リッカー)は来てませんでしたけど。
ヨーロッパでクロスのワールドカップがあるから、そっちに行っていたのです。
パイプの形がかなりよかったから、みんなチョー飛んでました。
でも残念ながら、カナダのHugo Lemayが肘を骨折し、今シーズンはもう滑れません。
イタリアのGiaccomo Kratter 2006年トリノオリンピアンがキャブ10でフラット落ちし、膝の皿を複雑骨折し、残念ながら当分滑れません。

US Grand Prixのリザルト
Mens Results
#1 Danny Davis
#2 Mason Aguirre
#3 Tommy Czeschin

Womens Results
#1 Kelly Clark
#2 Elena Height
#3 Soko Yamaoka

町のmain Bus depotの前の駐車場で大きな1/4パイプが出来ててそこで夜の大会をしました。
モービルでライダーが80キロぐらいのスピードで引っ張られ、正面クォーターに突っ込んでました。
町中の人たちが見に来てて、かなり盛り上がってた。
この大会はArctic Challengeの予選となってて、優勝者はNorway行きのチケットももらえます。

1/4 pipe results
#1 Steve Fisher
#2 Kevin Pearce
#3 Danny Davis

Best Trick: Scotty Lago, Double cork backside 1080!!

来年はブレッケンでワールドカップもやります。
US Grand Prixやって、次の週にワールドカップ!さらにこの時期盛り上がります!!


左)ショーン登場! 中)クォーターで優勝したスコッティー・ラーゴ。 右)金メダリストのハンナ・テーター。


左)オリンピック後も堅実に上昇を続けるシホ(中島)。 右)クリーン&スムーズなライディングの聡子。


この時期に羨ましいほどの環境とコンディションのブリッケンリッジのパーク。