ハーフパイプ

今日も朝だけイントラ仕事のお手伝いをして、あとはイントラ仲間とセッション。

昨日は、自然物ジャンプの日だったけど、今日はハーフパイプの日。

形はとても良かったのだけど、あいかわらず難しいです。
リップをなんとか抜けれる程度のレベル。

2回ハイクアップしたので、3回滑ったけど、結局、3回目のランが一番ドタバタしてしまいました。普通、回数を重ねた方が、うまくできるものなのにね。
これがパイプの奥深さであり、難しさなんだよなあ。

それにしてもワールドカップに出るような選手たちは、ガンガンぶっ飛び本当に凄いです。

ところで、90年代の中頃だったかな。
パイプというと、いつも満員だったんだよ。
なかなかドロップするのが、大変で。

「ドロップイン・ネクスト(次ドロップします)。」
「ドロップイン・アフター・ヒム(じゃあ、彼の次は僕ね)。」
「ドロップイン・ネクスト・ネクスト(次の次に入らせて)。」

って、声を掛け合っていたものなんです。

パイプに入るには、カービングがしっかりとできていないとこなせないので、カービングターンもしっかりとやったもの。

だけど、時代はジビングに流れましたね。

今はカービングができなくても、レールやボックスをこなしたり、またゲレンデのポコジャンやグラトリ・トリックなどが主流で。

あいかわらずキッカーは人気があるけど、以前、ブラッコムのキッカーが多いブラック・パークが混んでいたことを考えれば、ずいぶんと人気は低迷しました。

まあ、ともかく食わず嫌いにはならないで、いろいろやるといいと思います。