ハイカスケード・フォトセッション開催にあたり一言!

八方尾根xハイカスケードxPlanet スーパーパークフォトセッション。開催にあたり・・・猪狩から一言!ぜひご理解ください!
 
僕らは、八方尾根も含め、あまりマーケティングが上手ではありません。
不器用だけど、良い物を作る自信がある。パーク、キャンプ、イベント。
でもそれを伝えるのが、とても苦手です。

そして、今の世の中、偽物や、パクリや、コピーや、そんなものがリアルで無いのに。
良いとされてしまう。
大変理不尽です。
リアルがリアルと理解されない、特に日本。

最高によい山がここ八方にはあります。
滑るだけでスノーボードが上手くなる、これだけのスケールの斜度と距離のあるビッグマウンテンは、日本には北海道も含め、なかなかありません。

そこにハイカスケードパークを作った理由があります。
それは、スノーボードの基本「フリーライディング」をして欲しかったのです。
 
最近は、みんな近くて安くて手頃で、便利なスキー場、簡単なアイテムばかりが人気がある。インドアもその象徴です。

どうして、こんなに素晴らしい海外のような山が、東京から3時間ちょっとの距離にあるのに、みんなが来ないのか?こんな素晴らしい山が、存亡の危機にさらされているのか?
 
僕らは「リアルなスノーボーディングの楽しさ」をそれを知らない人に伝えたい!
パウダーの日にはパウダーを滑り、午後からパウダーが無くなれば地形で遊び、晴れた日にはパークで楽しむ。

それが自然であり、リアルなスノーボーディングであり、スノーボードの楽しみだと考えます。今のスノーボーダーはそれを知らない。
 
そうであれば、ここにハイカスケードパークを作ることで、それがきっかけで多くの人がここに来て、この山を見て、結果フリーライドをすることになる。

山の上にパークはあり、そこにたどり着くまで嫌でもフリーライドをしてこないと、パークは滑れない。そこでスノーボードの楽しさ、山の楽しさを知るきっかけになってくれればと。
 
パークは午前午後、2時間ちょっとずつ計4時間半のオープンですが、それによりフリーライドをしたり、集中して滑ることで怪我も減り、みんなスノーボードがもっと楽しめるだろう!と。

雪が降り続くディープパウダーの日は、無理して空けないで終日クローズして、スノーボードが大好きなディガーも、パウダーを楽しみ、また仕事を頑張る。

そしてなによりスノーボードが大好きな僕自身も、この山の雪質とパウダー、地形に惚れました!

ここに住んで、ベースを持ち、良いときに良い山を滑ること。
そして、圧倒されるほどの北アルプスの絶景。
 
まさに「非現実な世界」で、アメリカンスタイルの安全で、余裕ある、最高に楽しい「自分しだいでいろんな遊び方の出来るパーク」を作ろうと考え、数々の困難を乗り越え、今に至ります。
 
八方尾根はスキーヤーの聖地。
スノーボードパークがある場所は、ポール専用のバーンでした。
数々の地元の反対がありました。

しかし、僕らは負けませんでした。
日本にリアルなスノーボードパークというものを提案しようと、戦い続け、妥協無く、そしてやっと今年3年目、地元の方々は、理解をしてくれるようになりました。

なぜか?
結果です。

スノーボードパークを始めてから、売り上げが伸びはじめ、シーズンパスは毎年伸びて、今年は前年比11月末までで450枚アップ=それだけで充分、パークの運営費用をまかなえるだけの金額です。(早割シーズンパス売り上げだけで¥24,750,000アップ=新規のスノーボーダー)

そのことを認めたことにより、反対派の多数は、味方になってくれました。今では地元でどこへ行っても感謝をしてくれます。
 
不動産屋にいけば「ハイカスケードパークのおかげで凄くこもる人が増えた」と感謝され、レストランやペンションなども、パークができてお客さまが増えたと喜んでくれています。
バスツアーのスノーボーダー(初心者中心)も増えました。

50年目にしてはじめて、ビギナー用のマシュマロパークを設置したリフトのリフト稼働率は、前年比300%以上に及んだ日もありました。

パークへのアクセスに便利な「咲花北尾根エリア」のリフト乗車率は、この雨や悪天候にも過関わらず、他のエリアの苦戦をよそに、前年比120%程度となり、平日でもこのエリア野駐車場は満車の日が多いです。

昨年度は7000万ほどの純利益が、15年ぶりに出たそうです。
みんなハイカスケードパークに感謝と期待をしてくれています。
 
スキーヤーの聖地だった八方尾根が、ここまで変わりました。
僕らの熱い想いにより、経費を計上し、パットを呼び、4000万の雪上車を購入し、ヘリコプターまで準備し、パークでライダーのためのリアルなフォトセッションを開催するに至りました!

ぜひ、スノーボードの原点である「楽しさ」と「カッコイイスタイル」を見せれるライダーを集めて、みんなで楽しくセッションしましょう!

主催運営サイドの僕らもとても楽しみにしています!
なにか要望があれば、遠慮無く言って下さい!
出来る限り、ご要望にお応えしたいと思いますので!

では、白馬で会いましょう!

横乗り大好きなスノーボーダー&サーファー
PLANET JAPAN/ハイカスケードジャパン
代表取り乱し役 いがりん