【プロ・ライダーのステッカー貼り方】 Vol.18 大久保 富伊

このコーナーでは、プロ・ライダーたちのステッカーの貼り方をご紹介します。
ステッカーと共に、ぜひウェアーの着こなしなどを含めた全体ファッションのご参考に!


ウィスラーでスノーボードを始めて3年。平成元年生まれの19歳というトミー。憧れのライダーは、今、ウィスラー・ローカルの間で最も評価の高いアンドリュー・ジーバスだ。
今年の目標は、「ブラックパークで全方向のスピンを楽しむ!」。また、「どんな地形やアイテムでも楽しんで滑りたい。」とのこと。
トミーのスポンサーは、Volkl SnowboardとFlux Binding。まだまだ若く将来が楽しみなライダーだ。トミーの勇士は2カットだが、PARK NO GOKUIで観ることができるぞ。

ステッカー貼りに関するコメント
「ステッカーは正直かなりてきとうに貼りました。COCのステッカーも好きで貼りました。
ノーズのVolklの大きなロゴは地元の友達に手伝ってもらい、2時間くらいかけてスプレーをしました。しかし、結構はがれてきちゃいました(笑)。」

ノーズのVolklのスプレー・ワークは、まるでこのボードに本来あったかのデザインでナチュラルさがある。
確かにステッカーの貼り方で、特別に凝った印象はないが、シンプルでカッコいい。
シャツの出し加減、フーディの着こなし、パンツのゆったり感など、最近の若者ファッション・センスの良さを感じる。
パンツには、昨年の夏、楽しく滑っていたCOCのパスやキーホルダーのようなものをぶら下げて、小物もさりげなくオシャレに使っているね。

【プロ・ライダーのステッカー貼り方】に登場したいライダーさん、全員集合!

このコーナーでは、ライダーさんたちのステッカーの貼り方を募集します。
どこかのメーカーか、ショップのスポンサーが付いていれば、どんなライダーさんでもOK。

1)ウェアーを着てボードを持って立っている写真
2)ステッカーの貼り方のポイントがわかるアップ写真
3)ライダーさんのアピール・ポイントとスポンサー
4)ステッカーの貼り方のポイント

以上の内容を送っていただくようお願いします。
自薦他薦問いません。

あて先→ fusaki@dmksnowboardcom