【ギア・コラム】ワックスQ&A

ギア博士

ギアBBSで質問の多かった基本的な疑問にお答えします。とりあえず第一回です。第2回以降があるかは・・・質問が増えたらってことでお願いします(笑)

Q:ワックスを塗るときにペーパーは使うの?
A:使います。
なぜ使うかと言うとペーパーには2つの働きがあります。一つはアイロンの熱を直接ソールに伝えないための緩衝剤の役目。これは高温のアイロンを直接ソールにつけるとソールが変質してしまってその部分にワックスが浸透しなくなるのを防ぐためです。そしてもう一つは汚れ取りです。ホットワックスによって浮いてきた汚れをペーパーが吸い取りソールをきれいにしてくれます。ですからペーパーは使った方がいいのです。

Q:クリーニングワックスってなにがいいの?
A:安いパラフィンワックスで十分です。
ホットワックスクリーニングを行うときに使うワックスはフッ素無しの安いパラフィン系のもので十分です。これ専用のワックスを出しているブランドもありますが基本的にはベース用のパラフィンワックスの柔らかいものを使えばOKです。ホットワックスクリーニングに関しては下記アドレスの汚れたソールをどうするか?を参照してください。
http://www.dmksnowboard.com/gear/kenkyu/kenkyu-017.htm

Q:ワックスって混ぜてもOK?
A:同じメーカーならOK。
同じブランドならワックスは混ぜてもOKです。異ブランド間での混合はデータが全くないのでやめた方が無難です。競技者レベルでものすごく気にするので無ければベースはA社、滑走はB社、クリーニングはC社とかでも基本的にOK。ただし中にははじき合う性質を持つワックスもあるのでそこだけ気をつけてください。

Q:保管場所はどこがいい?
A:湿度をさけ冷暗所に保管してください。
まず第一に日本は湿度が非常に高い国ですからこの湿度から守らなくてはなりません。ですから低湿度の状態を保ってあげた方がいいでしょう。さらに冷暗所ですが直射日光(紫外線)は板の変色を進めますし、温度の変化も激しいので絶対にさけてください。温度が一定で直射日光を避けれるところに保管するのがいいでしょう。もちろんバインディングははずしてください。変形の原因となります。

Q:保管するときのワックスは?
A:厚めにパラフィン系のワックスを塗ってください。
厚めにワックスを塗っておけば大丈夫です。もちろん安いパラフィン系でOK。保管する前に完全にクリーニングしてください。ワックスはじつを言うと夏の間もじっくりと浸透していきます。ですから汚れがあると汚れも取り込んでしまったりするので完全にクリーニングしてください。

Q:V-サーモとかはどうなの?
A:効きます。
真空状態を作り出しワックスを強制的に浸透させるV-サーモ等最新のワックス技術ですが確実に効きます。問題はその効果のほどですが、シーズン前に何度もワックスを塗り込む作業を自分で行うかそういう装置にやらせるかの違いだけで効果は同じです。装置にやらせる場合には柔らかいワックスしか使えませんからその後の固いワックスなどは自分でやらなければいけません。ですが競技者でも無い限り楽してしっかりベースができあがると考えれば非常に効率的だと思います。実際にワックスが抜けにくいソールができるのでその後も楽になります。もちろんシーズン中のワックスとメンテナンスは必要ですのでこれをやれば1シーズンOKとかではありません。