【ギア・コラム】レイヤリング

文:ギア博士

今回はスノーボードを一日快適に過ごせるレイヤリングについてです。シーズン始めや春先の暖かい日からハイシーズンの吹雪まで快適に過ごすにはこのレイヤリングが決め手になります。一日滑って楽しかったけど風邪をひいちゃったってならないためにもレイヤリングは重要ですよ。

まずレイヤリングとは重ね着のことです。中に着る物の役割を考えてトータルで環境に対応しようというもので、ファーストレイヤー、サーマルレイヤー、アウターシェルの3つに分けて考えるのが一般的です。

ファーストレイヤー
ファーストレイヤーは直接肌に触れる部分の服のことです。綿のTシャツって人意外に多いんじゃないかと思いますが、快適さという面ではオススメできません。オススメはやはり化学繊維でできたドライタイプが基本で、寒がりな人ならドライ+保温という機能Tシャツがオススメです。詳しくは研究室「ファーストレイヤー」を参考にしてください。今現在元々得意だったアウトドアブランドはもちろんのこと、BURTON等のボード・ウェアーブランド、アンダーアーマー、NIKE、ミズノ等のスポーツブランド等多くの製品が出ていますから気に入った物を選べると思います。デザインも昔はそれほど選べないのが普通だったのですが最近ではカラーも豊富だし、ブランドロゴがカッコよく入っている物もあり、見た目は普通のTシャツをそんなに変わらない物もあるのでまずはそういった物を購入すれば間違いないでしょう。値段は綿の物と比べれば高価になりますがその高価は絶大で、プロボーダーの多くも使っていることを考えればとりあえず一枚買ってみても損はないと思います。

サーマルレイヤー
サーマルレイヤーはウェアーとファーストの間に着る物でこの部分で温度を調整します。ここもできれば綿製品は避けたいところです。トレーナーやパーカー、あるいは運動用のジャージ等を着ている人が多いと思いますが、実際にはファーストレイヤーと同じで綿製品は汗をすって逃がさないと言う性質があるので個人的なオススメはフリース素材のものです。フリース素材も厚手から薄手まで各種ありますから、自分の気に入った物でOKです。寒がりな人はトレーナー+フリース+ウェアーというセットの人もあると思いますが、これでは正直着ぶくれしてしまって動きにくいと思います。そこで登場するのが、薄手のダウンです。ウェアーの中に着れるような薄手のダウンジャケットやベストなら保温性はしっかりしていて、それでいて重くなく動きやすいと言う利点があるので寒くてしょうがないと言う人はぜひ試してみてください。スタイル的な部分でカッコいいトレーナーとかを着たい!と言う人もいると思いますが、その時でもファーストレイヤーをしっかりすれば快適さはかなり変わってくるので試してみてください。

アウターシェル
アウターシェルとは、スノーボード・ウェアーですね。ウェアー選びのポイントは人それぞれだと思いますが、機能面から見たポイントをいくつかあげると
・防水性がしっかりしていること
・レイヤリングをするだけの余裕のあるシルエット(サイズ)を選ぶこと
等があげられます。シルエットについては好みの問題等もあるのですが、極端なオーバーサイズは中の空気をうまく利用できない(暖められない)ために逆に寒かったりするので気をつけてください。

オススメレイヤリングスタイル
自分の個人的なオススメなので良かったら参考にしてみてください。自分で実際にやるレイヤリングになります。

シーズンイン・春先スタイル
上半身 ファースト:ドライタイプ+サーマル:フリースベスト+ウェアー
下半身 ファースト:CW-X+ウェアー
本当に暖かい日などはウェアにナイロン製のシャツを持ってきたりするときもあります。
※CW-Xはイチローも使用しているワーコル社から出ているスポーツ・インナーのこと

シーズン晴れの日スタイル
上半身 ファースト:ドライタイプ+サーマル:フリースジャケット+ウェアー
下半身 ファースト:CW-X+サーマル:ファーストレイヤーの保温タイプ+ウェア
基本のスタイルですね。これなら一日快適で滑り終わった後も嫌なしっとり感がありません。

ハイシーズンパウダー・降雪時スタイル
上半身 ファースト:保温タイプ+サーマル:フリースベスト+サーマル:薄いダウンジャケット+ウェアー
下半身 ファースト:CW-X+サーマル:ファーストの保温タイプ+ウェアー
サーマルに薄いダウンを持ってきてさらにフリースのベストで寒さに対応します。

上記にプラスしてネックウォーマーをつけたり、グローブをその時のコンディションで変えたりという感じです。こうやってみるといろんな物使っているなあ、と思うかも知れませんが、基本的にはスノーボード専用なのはウェアーくらい。ファーストレイヤーは普段でも寒い日に着ちゃってますし、フリース関係ももちろん普段着です。グローブも破れるまで使います。最近はバイクに乗るのでその時もスノーボード用のグローブを使っています。そう考えるとある物でまずは工夫してそれから買い足すという感じも充分だと思います。

快適と言うことはパフォーマンスも落ちないということですから、もっと楽しむために今年はレイヤリングにも気を遣ってみてはいかがですか?