【ギア・コラム】ファースト・レイヤー

文:ギア博士

ウェアーにはお金をかける人が多いと思いますが、そのお気に入りのウエアも中に着る物一つで快適さが大きく変わってくるのは意外に知られていないことです。せっかく買った高価なウエアですから機能を最大限に引き出せるような着方をしてみませんか?

 

もっとも多いのは綿のTシャツやロンTをはじめに着るという人でしょう。しかしこれがもっともダメな選択なのです。つまりもっとも不快な状況を生み出す原因と言っていいでしょう。綿という素材は水分をよく吸収するのですが、外に出さない性質もあり一度濡れたらずっと濡れっぱなしです。汗をかいたら一時的には綿が吸収するのでドライに感じるかもしれませんが、休憩などで体温が下がるとTシャツの水分が体温を奪い出すのでよけいに寒くなってしまいます。レストハウスでお昼ご飯を食べたあとに急に背中あたりがヒンヤリしてきたという経験は誰でもあると思いますが、これの原因が綿のTシャツなのです。この状態ではひじょうに不快でそのままでいれば風邪をひく原因になってしまいます。そこで登場するのがファーストレイヤーです。

 

ファーストレイヤーは身体から出る汗を効果的に吸収分散し、常に身体をドライに保つのが目的です。常にドライでさらっとした着心地を提供します。基本的には身体をドライに保つのが目的なので天然素材ではなく化学繊維を使うのが普通です。種類がいろいろあるのはこのドライに保つ他の要素がプラスされている場合が多いからです。軽くドライで動きやすいのが基本ですが、これにプラスして保温性を高めた物、抗菌性を持たせた物など、様々な物が出ていますからまずは標準的なドライタイプを選んでみるといいでしょう。実際に使ってみればその快適さに驚くことと思います。前はスノーボード・ショップではなくアウトドアショップなどに行かないと売っていなかったのですが最近ではスノーボード・ショップにあって当たり前になっていますからわからなかったらスタッフに聞いてみると良いと思います。「ウエアの中に何を着ると良いんですか?」と聞けば教えてくれるハズです。ブランドもアウトドア・ブランドからスノーボードのウエア・ブランドまで様々なものがあるので気に入った物を試してもらえれば良いと思います。よくわからないときはアウトドア・ブランドの物を選ぶと失敗がないと思います。

 

実を言うとこのファーストレイヤー。フサキ編集長も昔は知りませんでした。僕がdmkクラブの陸トレの時に一枚あげたのですが「Tシャツ一枚でここまで変わるとは思わなかった」と驚いていたようで、それ以降スノーボードの時にはきちんとファーストレイヤーを着るようになったようです(笑)。それだけまだまだスノーボードの世界では浸透していないのですがだまされたと思って一回使ってみてください。絶対に驚くほどの快適さに満足してもらえると思います。