【特集】SANDBOXかぶりこなしファイル一挙大公開!!

LINEで送る
Pocket

 

これまでにご紹介して来たSANDBOXかぶりこなし。
スノーボーダーに人気殺到のSANDBOXヘルメットのかぶりこなしは、多くのスノーボーダーにヘルメット・ファッションを提唱することとなりました。

昨年ご紹介して来た内容を一挙大公開!!
合わせて、ライダーのサイズや使用データも公開するので、これからご購入の際にお役立てください。

news160106f

写真:photography樹
カバー・デザイン:Shuki

 

加賀大貴
Hiroki Kaga

news151022c

SANDBOXをかぶる時に気を付けているファッション・ポイント
「今まで、ツバなしタイプのヘルメットをかぶっていたのですが、今年はこのデザインに惹かれてツバありにしてみました。耳パッドを外してかぶればキャップのように気軽にかぶりやすくて、パーカーやウェアの一部と色を合わせたりできるとさらにいいですね!
アジアンフィットモデルなので頭の大きい僕でも、ちゃんとフィットしてくれるので助かります(笑)」

加賀大貴 使用モデル
Classis 2.0 Asia fit / Transworld

news151009e

 

 

 

青山奈央世
Naoyo Aoyama

 

news151106h

SANDBOXかぶりこなしのポイント

モデルはずっと、つばなしのレジェンドSNOWを使用しています。
ウェアの柄が派手なときは、邪魔しないブラックやネイビーをチョイス。
逆にシンプルなウェアのときは、迷彩など派手な柄を選んでヘルメットを主役にしています。
ビーニーはヘルメットの機能を邪魔しない、ノーマルな形を選びます。
ただ、薄くてぴったりめのビーニーはヘルメットを脱いだ時に顔が大きくみえるのであまり選びません。
レストハウスなどでヘルメットを脱ぐときのスタイルも含めてコーディネートを楽しんでます。

安全面でいうと
サイズはジャストのものを選び、あご紐をしっかりフィットするよう調整して遊びがないようにしています。
ゴーグルは後ろでパッチンとめるタイプは頭を打った時に痛いことがあるので、ベルトが繋がっているものを使用しています。
またヘルメットの内側部分にヒビが入ったりした場合は、ヘルメットが逆に危険なアイテムになるので必ず新しいものに変えます。

ヘルメットをかぶっていてよかったなと思う場面は
頭を守ってくれるのはもちろんですが、キッカーなどで大きく転んだときにビーニーやゴーグルが飛んでいかないこと!
拾いに行く手間もなくなるし、後ろの人に迷惑にならないので助かってます!

青山奈央世 使用モデル
Legend Snow / BlackとNavy

news151101f

 

阿刀 暖
Dan Ato

news151113a
(写真上は、CLASSIC 2.0 SNOW – SPLATTER。)

カナダ時代にSandboxからサポートされ始めてからずっとツバなしモデルのLegend Snowを使っていたんですが、もっとヘルメットをキャップのようなニュアンスで被りたいと思って今シーズンからはツバ付きモデルのClassic 2.0 Snow TransWorldコラボモデルを使用しています。

news151113b

今回はMサイズをチョイスして、パッドを入れて春先にビーニーなどを下にかぶらずにジャストで着けれるサイジングにしています。 逆にこれからの冬はパッドをとって、ヘルメットのしたにビーニーやゴーグルを着けれるように調節して使っていきます。
デザインもシンプルなマットブラックのモノトーンなので色んな格好に合わせやすいですね。
最近は流行のフード付きネックウォーマーをヘルメットの上から被ったりして、よりキャップらしさを演出しています。Sandboxはデザインやフォルムも洗礼されているのと、自分自信も小さめのサイズを選んでいるので、ヘルメットの上からフードを被ってもパツパツになりにくく自分のしたいスノーファッションを邪魔しません。

 

佐藤 夏生
Natsuki Sato

news151114a

「サポート受け始めた頃からずっとLEGENDを愛用しています。
少し前にモデルチェンジして軽量になってから、さらに使いやすく、ノーストレスに近づきました。
わたしはMサイズに薄いパッドをつけてビーニーとゴーグルを中につけるスタイルで滑っています。
マットのジャンプ練習施設や、屋内スキー場では厚めのパッドをつけて、そのままかぶって使っています。
お気に入りは真っ白でしたが、今年はガンメタをチョイスしました。色々なライディングスタイルに合わせて使いやすく、ステッカーで自分流にアレンジして使えるので、わたしは無地が好きです。」
news151114b
LEGEND SNOW – GUNMETAL

関口 強生
Tsuyoshi Sekiguchi

news151124e

自分のsandboxヘルメットのこだわりはまず、頭のてっぺん以外の耳パットとサイドのパットは全部とってぶかぶか状態にします。
そしてsk8ではツバ無しのLEGEND ASIA FITの中にCAPです!

ツバ付きのCLASSIC2.0 ASIA FITはsnova溝の口なら中にCAP。
山ではビーニー、ゴーグルをした上から最後にSandboxをかぶる感じで、ゴーグルのベルトはヘルメットの外には出さないようにしています。

news151125e
(ゴーグルのベルトは、中に収めるのがオシャレだよ。)

かぶり方のワンポイントアドバイス
ヘルメットの中にCAPやビーニーをかぶってからsandboxをかぶって気持ちゆるいぐらにします!
ジャストフィットだと一日かぶってると頭が疲れちゃうからです!
後はもしヘルメットが少し動くようなら首のベルトを調節すると調子よくなります!

sandboxヘルメットのステッカーの張り方のコツ
ヘルメットの下部の周りにベタのステッカーじゃなくてなるべく一文字づつ離れてる抜きのステッカーを貼るといいでしょう!
上部に行けば行くほどカーブがきつくなるのでほぼ上手く貼れないので気を付けて!

news151125f
(ヘルメットにステッカーを貼る時は、カーブが緩い下部の方に貼るとうまくいくよ。)

 

梅原 颯太
Souta Umehara

news151202f

SANDBOXヘルメット、かぶり方のアドバイス!

僕はヘルメットの下にゴーグルをするので、かぶってピッタリのより、大きめのサイズです。
あとはパットで調整してます。
僕は体が小さいから、頭だけ大きく見えちゃうので、ツバなしです。
ツバなしだとスッキリ見えます。
ヘルメットの下はシーズン中はビーニー、オフシーズンの練習はキャップです。
どっちもカッコよくかぶれます!!

news151203a
(オフシーズンの施設ではキャップと合わせます!)

 

今村 勇介
Yusuke Imamura

news151207b

SANDBOXヘルメットのオススメ・コメント!

紺色のマットカラー、つばの裏地にはおしゃれなグリーン、真ん中のド派手な”S”の文字はゲレンデで注目されること間違いなしのユニークなデザイン!!

ウェアは無地のビブパンツと相性抜群!

Classis 2.0 Asia fitは中敷きのパッドが自由に調整できるのでズレる心配がないです。
パークからバックカントリーまで色んなシーンで活躍する最高のヘルメットです!

news151207c

今村 勇介の愛用モデルは、Classis 2.0 Asia fit、カラーはTEAM。
SANDBOXの頭文字のSが強調されたデザイン。
定番人気のブラックやグレーよりも、ちょっと元気さを表現したい方にお勧めだ。

 

佐藤 亜耶
Aya Sato

news151216b

「今シーズンからsandboxを被らせていただいています!佐藤亜耶です!
今回は、カラーはガンメタをチョイスしてみました(^^)派手かと思いきや、ゲレンデに出れば程よい存在感で他のメットとは違うかっこよさを出してくれていてかなり気に入っています!!
メットの上からフードを被ると女の子っぽさも出て、オススメです♩」

news151114b
LEGEND SNOW – GUNMETAL

今村 佑良
Yura Imamura

news151208h

SANDBOXヘルメットのオススメ・コメント!

サンドボックスのヘルメットは、頭を守るものだけではなくおしゃれの一つとして使えるヘルメットです!
ファッションにこだわりたいけど安全も取りたいっていう人にぴったりだと思います!!
日本人にもぴったりサイズのアジアンフィットもあるので、自分に合う色、サイズが選べます!

自分は頭がでかく、中にニット帽などかぶったりすることがあるので、CLASSIC 2.0 ASIA FITのL/XLサイズをスポンジのアジャスターと耳パッドを外して使っています!!

news151208k

今季は、トランスワールドとのコラボヘルメットがあり、そちらも愛用しています!
色がマッドブラックなのでどんなウェアにもあう優れもの。一度つけちゃうと外したくなくなります(笑)

 

SANDBOXライダー・データ
意外に多い(!)、スノーヘルメット派

SANDBOXヘルメットは、いわゆるより安全面を考えて作れたClassic Snow(ツバ付き)とLegend Snow(ツバなしのスケートスタイル)があり、一方でフィット感の良さが受けているClassic AsiaとLegend Asia、いわゆるアジアンフィットがある。
しかし、ライダーたちの間では、スノー用の方がフィット感をよく感じる人も少なくなく、以下のライダーたちはスノー派。今までアジアンフィットのヘルメットを使用している方は、ぜひスノー用も考慮してみてください。以下、ライダーがスノー派です。

阿刀暖、梅原颯太、佐藤夏生、青山奈央世、吉沢こずも

 

 

 

about Sandbox:
Sandbox(サンドボックス)は、カナダのウィスラーでレジェンド・ライダー、ケビン・サンサローンが始動したヘルメット・ブランド。前身は、2004年に作られたカナダのネクスト・ジェネレーションをスター前線に送り出すためにスノーボード・ムービープロダクションションズの名称だった。2007年、ウィスラーのダブルブラック(超上級者)パークがヘルメット義務化の際、クールなヘルメットを提供したいという思いから、プロダクツチームが結束し商品化。ファッション前線を牽引するライダーたちの意見を取り入れて、瞬く間にカナダで大人気となり、現在世界のスノーシーンで最もポピュラーなヘルメット。


Sandbox Facebook
https://www.facebook.com/sandboxjapan

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

news131008i
http://www.sandboxland.com/

 

LINEで送る
Pocket