平昌オリンピックへ出場するスノーボード選手が決まった!

 

昨日、全日本スキー連盟は今回ラストとなる平昌オリンピックへ出場する代表内定選手を発表した。

ハーフパイプでは、これまで決まっていた平野歩夢の他、戸塚優斗、片山來夢、平岡卓が加わり、男子4名に。
女子の方では追加招集なく、これまで発表していた松本 遥奈、大江 光、今井 胡桃、冨田せなの4名がオリンピック初出場。

スロープスタイルでは2名の若い戦士が加わった。
ワールドカップで活躍して来た國武 大晃と、大久保勇利だ。

そして、女子ではすでに発表があった鬼塚雅、藤森由香に加えてワールドカップでも優勝したニュー・ヒロイン、岩渕 麗楽。
長年オリンピックを目指し遂にこの日を迎えることがでっきた広野あさみが入った!


(様々なことを犠牲にして遂に五輪参加となった広野あさみ。おめでとう!!)

アルペンでは、すでに決まっている竹内智香(ソチ五輪銀メダリスト)に加えて男子で今季W杯6位入賞経験がある斯波 正樹が念願の初出場を決めた!

またスノーボードクロスは、残念ながら誰も選ばれずにトリノ五輪が続いていた日本人選手出場の灯が消えてしまった。

「第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)」代表内定選手/1月22日発表

◆スノーボード・ハーフパイプ/男子

戸塚 優斗(とつか・ゆうと)
生年月日/2001年9月27日生まれ
所属/ヨネックス
クリアした基準/ワールドカップ優勝等3回
オリンピック出場回数/初出場

片山 來夢(かたやま・らいぶ)
生年月日/1995年5月4日生まれ
所属/バートン
クリアした基準/ワールドカップ2位等2回
オリンピック出場回数/初出場

平岡 卓(ひらおか・たく)
生年月日/1995年10月29日生まれ
所属/バートン
クリアした基準/世界選手権4位等3回
オリンピック出場回数/1(14ソチ)
オリンピックの主な成績/14ソチ男子ハーフパイプ銅メダル

スノーボード・スロープスタイル&ビッグエア/男子

國武 大晃(くにたけ・ひろあき)
生年月日/2002年2月10日生まれ
所属/STANCER
クリアした基準/ワールドカップ2位等4回
オリンピック出場回数/初出場

大久保 勇利(おおくぼ・ゆうり)
生年月日/2000年7月27日生まれ
所属/ムラサキスポーツ北海道
クリアした基準/ワールドカップ2位等3回
オリンピック出場回数/初出場

 

スノーボード・スロープスタイル&ビッグエア/女子

広野 あさみ(ひろの・あさみ)
生年月日/1990年11月8日生まれ
所属/T.J.R
クリアした基準/ワールドカップ8位1回
オリンピック出場回数/初出場

岩渕 麗楽(いわぶち・れいら)
生年月日/2001年12月14日生まれ
所属/キララクエストスノーボードクラブ
クリアした基準/ワールドカップ1位等3回
オリンピック出場回数/初出場

スノーボード・アルペン/男子

斯波 正樹(しば・まさき)
生年月日/1986年4月26日生まれ
所属/RIZAP
クリアした基準/ワールドカップ6位1回
オリンピック出場回数/初出場