平昌オリンピック候補!平野、平岡、鬼塚、藤森などナショナルチーム発表!!

LINEで送る
Pocket

 

いよいよ来たるべくシーズンに行われる平昌オリンピックで、その出場選手候補となるSAJナショナルチーム(スノーボード2017/18強化指定選手)が発表された。


ほぼ、間違いなく今、ここのリストに載っている選手だけがオリンピックに出場されるので、載っていない選手はほぼオリンピック出場アウト!という衝撃的な発表でもある。

指定ランクにA、B、C、Jrと4つのカテゴリーがあるが、A指定はこれまでの大会で優秀な成績を収めて、ナショナルチームの中でも最も期待度が高くサポートもより手厚くされる傾向。もちろんCランクでも、今後のワールドカップでの活躍により十分にオリンピック出場が可能である。

以下、注目ポイントを紹介!

女子スロープスタイル&ビッグエアー
鬼塚雅(A指定)、藤森由香(B指定)、広野あさみ(C指定)

ほぼ予想通り。鬼塚選手は世界選手権の活躍などでメダル候補。藤森選手は過去3回スノーボードクロスでオリンピックに出場し、遂にスロープスタイルでの出場が現実味を帯びて来た。大舞台での実績があるだけに、出場できればメダルも夢ではない。
ど根性ファイター広野あさみも、ぜひ大舞台に立って輝いてほしい。特にスロープスタイルでは安定してトップ成績を収める実績もあり、出場すれば何か大仕事をやってくれそうで楽しみ!

男子スロープスタイル&ビッグエアー
大久保勇利(C指定)

予想していたけど、衝撃的な内容。
これまでワールドカップに出場していた選手、これまで世界の大会で活躍していた選手の名がなく、実質男子で出場できる可能性があるのは、大久保選手一人に絞られた感がある。ジュニア世界選手権で優勝したとは言え、男子で一人出場は相当な重荷だ。もうこうなれば吹っ切れて、結果など気にせず若さに任せておもいっきり行くっきゃない!
残念なのは、日本のスロープ界を牽引して来た角野友基の名がないこと。原因はSAJの指導期間中にX-Gamesなどの世界主要大会に出場したからということだが、本当に残念でならない。角野が出場すれば間違いなくメダル候補だし、世界のオリンピック関係者は角野が出場しないことで、密かに喜んでいるようだ。一発逆転でのオリンピック出場参加はあるのだろうか!?
その他、日本男子のスロープスタイル、ビッグエアーには素晴らしいタレント揃いなのに、ナショナルチーム入りができなくて残念な選手も多い。
宮澤悠太朗、脇田朋碁など。彼らの逆転出場も期待したいところだが。

女子ハーフパイプ
松本遥奈(A指定)、大江光(B指定)、今井胡桃(B指定)、冨田せな(B指定)、浅谷純菜(C指定)

ハーフパイプ女子優等生組!好成績を収めて、着々と結果を残す姿はたくましい。チーム全体で向上し合って、オリンピックでも期待大!

男子ハーフパイプ
片山來夢(B指定)、平岡卓(B指定)、戸塚優斗(B指定)、平野歩夢(B指定)

心配されていた五輪メダリスト、平岡卓と平野歩夢がめでたくナショナルチーム入りして安心!片山來夢もB指定で良かった!!
日本のハーフパイプを引っ張って来た青野令が、ナチョナルチーム入りしていないことが、とても残念だ。

出場が心配されていた選手が、ナショナルチームに入り安心した一方で、やはり心配されていた角野選手が落選するなど、やや複雑な結果に。
しかし、まだ落選した選手は若いし、これからの挽回も期待。
いつかナショナルチームが選ばなかったことを後悔させるぐらいの活躍を見せて、ドラマティックな展開に期待したい!

以下、その他、種目、ジュニアを含めた全ナショナルチーム一覧表。
http://saj-wp.appmlj.com/wp-content/uploads/SB_player.pdf

LINEで送る
Pocket