平昌オリンピックへの最終決戦!五輪前のFIS WORLD CUP シーズン日程

LINEで送る
Pocket

 

いよいよオリンピック・シーズンを迎える2017-18シーズン。
平昌オリンピックへの最終決戦とも言える、FIS WORLD CUPのスケジュールが発表された。
特に注目はなんと言ってもオリンピックの出場権を賭けた1月末までのワールドカップ。
ここで、上位に入りポイントを稼げないと、オリンピックの出場が認められない。

まず注目されるのは、なんと言ってもこの夏の南半球決戦!
ここで開催されるのは、ハーフパイプ、スロープスタイルの男女2種目だが、このハーフパイプではなんとしても日本が誇るメダル・コンビの平野歩夢、平岡卓に輝かしい成績を期待したいところ。
昨季は、世界レベルの大会に出場が減っているので、ここでしっかりと結果を出し、世界レベルの選手であることを見せたい。

11月からはヨーロッパと中国で、ビッグエアーで4戦行われる。
日本女子では、鬼塚雅、藤森由香、広野あさみが出場することが予想される。
ここで決勝に残す結果を残さないと、オリンピック出場は難しくなりそうだ。

男子では、いったい誰が出場するのだろうか。
ジュニアの世界選手権で活躍した大久保勇利が出場するという噂もあるが。
角野友基のW杯復活はあるのか!?

12月のアメリカのカッパーマウンテンで行われる大会後には、ほぼほぼ誰が出場するのか、固められそう。
当然、3度目の金メダル返り咲きを狙うショーン・ホワイトは出場するに違いない。

さらにこの後もハーフパイプ大会が続くので、ここまでにポイントを稼げず五輪切符を奪えていない選手には最後のチャンス!

そして、オリンピック前のスイスは、オリンピックに出場する全選手にとって、オリンピック前哨戦となるに違いない。

こうしてシーズンの流れを考えると、見る方としては本当にワクワクするし、五輪を目指す選手にとっては大きなプレッシャーとの戦いになるだろう。
だけど、もうここまで来たら、あとは1つ1つ目の前の目標に向けてクリアさせ、五輪に挑むしかない!
さあ、僕たちの応援モードも高めて行こう!!

五輪前のFIS WORLD CUP スノーボード・フリースタイル種目シーズン日程

9月3日、4日 ニュージーランド(カドローナ) スロープスタイル
9月8日、9日 ニュージーランド(カドローナ) ハーフパイプ

11月4日 デンマーク(コペンハーゲン) ビッグエアー ※中止
11月11日 イタリア(ミラン) ビッグエアー
11月25日 中国(北京) ビッグエアー
12月2日 ドイツ(メンヒェングラートバッハ) ビッグエアー

12月7日~9日 アメリカ(カッパーマウンテン)ハーフパイプ
12月8日~10日 アメリカ(カッパーマウンテン)ビッグエアー

12月19日~21日 中国(シークレットガーデン) ハーフパイプ

1月10日~12日 アメリカ(スノーマス) スロープスタイル
1月11日~13日 アメリカ(スノーマス) ハーフパイプ

1月17日~20日 スイス(サースフェー) ハーフパイプ
1月17日~19日 スイス(サースフェー) スロープスタイル

 

LINEで送る
Pocket