キャンプ・オブ・チャンピオンズ

ウィスラーの真夏のキャンプ、キャンプ・オブ・チャンピオンズとのミーティング。
真夏の4週間のキャンプのために、ウィスラービレッジ内にオフィスを構えて、スタッフも4名も!来年はさらに規模が大きくなり、世界で最も大きなパークを持つキャンプになると、エキサイティングしていた。そして、このキャンプの日本の窓口がdmkになるのである。また、余計な仕事を増やしてしまった(笑)。ムラッチョ、アヤちゃん、すみません。
 
すでに確約したコーチもいて、シモンとアーロン・ビットナーは決定。
大物コーチはなるべく早く契約するとのこと。そして、キャンパーの人数に合わせて、直前までコーチの数を調整するということだ。
 
アーロン・ビットナーが来ることで、来年のPEAKはさらなるおもしろい展開になりそうだ。
シモン、アーロン、忠くん、
そして継続してラウリにはアプローチだな。
あと、デバンのコンテンツもほしいところ。
とりあえず、この5名が決まれば、メンバー的には世界トップ。
テイストは、イメージ系とは違うけど、スノーボーダーのハートを熱くするコンテンツを作りたいな。
 
あとショート・ハウツーも大事だから、こちらも抜かりなく良いものを作る。
自分としては、きちんとした上達理論が確立して、しかも見ていて楽しいパウダーの滑り方のハウツーを作りたいと考えている。
 
ところで今日から自分のパソコン画面がずいぶん大きくなって。大きいと快適だな。

大河絶テク!

今日はウィスラーチケットを購入していただいたお客様と午前中、ウィスラーを案内。ビデオも撮影してあげて、とても楽しんでくれた様子。こういう仕事もとても楽しい!
追い撮影など、滑走しながらも画像をチェックして、脇を締め、極力ブレのない良い映像が撮影できるようにした。
お客さんからしたら、こういったサービスはありがたいだろうし、自分の方も撮影していると、撮影の感も補えるので、ありがたい。
 
家に帰ってからは、いつものように風呂→ストレッチング。
その後は、かなり貯まった仕事を。
それでもまだメールは全部返答できないけど、だいたい片付いて来た。
ニュースもアップできたし。
だけど、気づいてみればやること山盛り。
明日は山に行かずにガツーンをやっつけるぞ。
 
夜になって、あまりにも腰が疲れて来たので、大河にマッサージお願い。背中に乗ってもらって、足踏みしてもらうのだけど、この大河マッサージが絶テクニック! 3歳の頃からやっていたので、今ではどうすればお父さんが気持ちいいか、わかってもらえる。3歳になるクレアちゃんもおもしろがってやってくれるし、お父さんとしては、大変ありがたい。

ユキエちゃんと撮影

ユキエちゃんと久々に会って、撮影した。
ユキエちゃんってあいかわらずハンパなく元気だなあ。
朝からずっと滑って、ハイクもして、終始明るくて。
あまりにも楽しかったから、最後にレストハウスでビールを飲んだ。ビール飲んだらオレは一気に足まで疲れが来たけど、それでもユキエちゃんは最後までしっかりと滑っていた。恐るべし。
 
ところで今日、ユキエちゃんとはとことんいろいろ話したなあ。昨年会ってから一度も直接会って話していなかったら、いろいろ話した。
スノーボード的なことは近日中にインタビューコーナーで紹介する予定。
結構、深い話もあったけど、どこまでリリースできるかな。
最終的にはユキエちゃんと相談するけど、良いインタビューになるだろう。

大河スノーボーダーに

日曜日は息子・大河とスノーボードに行くと決めた日。
先週はマイナス20度の寒さで、「足が痛い」と苦痛の表情の大河だったけど、今日はお日柄もよく打って変わって元気! スケーティングがうまくいかないので、いきなり両足バイン付けて滑らせたら、今までできなかった横滑りやボードをフラットにする技術も身に付いていて、楽しそうに滑っていた。
自由にある程度いろいろなところが行けるようになったから、大河もとても楽しそうで、休憩を入れる気配がない。
「ホットチョコレート飲みに行くか」
と聞くと、
「もっと」
と言いながらカーペット式リフトまで走って行く。
天気も温かく0度前後のようだ。また雪もいい。斜面も初心者に最適。
どんどん上達して行く大河の姿がなかなか頼もしかった。
いろいろなことを考えていたけど、結局、大河のやりたいようにやらせて滑れるようにいなっていた。大河のスノーボードはこんな感じだ。
 
バインを付けてあげる。
立ったところから、90度ジャンプして直滑降。スピードが出て来ると後傾になり、そのままテールマニュアルの格好。そこからヒールサイドにエッジを掛けてボードを横にして(横滑り状態)、そのままボードを回してスイッチ(グーフィスタンス)になる。また同じように直滑降してスピードが出て来るとテールマニュアル、さらにボードを横にして、という感じ。時にはそのままボードをフラットにして360したり、またトゥサイドで曲がってそのままボードをフラットにして360スライドしたり。まさに何でもあり。
 
自分も21年スノーボードをやっているが、こんな上達の仕方があったとは知らなかった。だけど、これってとても理想な展開のように思える。というのも大河にとってはレギュラーやスイッチもないし、スピンだってターンだって、どちらも雪山を自由に滑るための手段に過ぎないのだから。まさにスノーボードの特性を活かした滑り方をしているのだ。
 
最後の方には調子に乗って、ちょっとした急斜面を見て、「あそこを滑る」と宣言。
「マジで?」と聞くと、
「うん、マジ」と大河。
オレが大河のボードを持ってあげて、大河は走りながらハイクアップする。凄い体力だ。
大河にとっての超急斜面だったと思うけど、直滑降してからお尻を付くように転んでいた。そう、これも今日自然に覚えた大河の技だけど、人が目の前に来たりピンチが迫ると、しゃごんでから横滑り状態に持って行く。そこでスピード調整したり、自ら転んで危険を避けるのだ。
 
結局、今日も自分はただサポートしてあげただけなのだけど、唯一このレッスンは良かったと思うのは、最初(3週間前)に教えた平地でのジブ・トレ。バイタミンジブ1でシモンがやっているやつ。その場で飛んだり、ノーズに乗ったりテールに乗ったり。また180度回そうとして、90度回したり。大河はジャンプして90度回せるので、滑っていて転びそうになっても90度ジャンプでリカバリーができるのだ。
 
大河にとって最高に楽しいスノーボードの日になっただろう。
お父さんも今日はビールが格別にうまい。
もう大河もこれでスノーボーダーだね。

気分はクレイグ

3日前に続き、再びタクミと撮影へ。
 
先日はウィスラーのパウダーを狙ったので、今日はブラッコムのパウダー狙い。
 
朝一番でグレーシア・チェアで上がったところまでは良かったけど、Tバーが動いていなかった。狙ったグレーシアのポイントに行けなくて困ったけど、まあTバーのところを登ってみるか、ということになった。Tバーのテクテク歩くアホな奴は他にはいないだろう、と思っていたら前にスキーヤーが一人。後からもスキーヤーが上がって来て、さらにスノーボーダーもいた。よくみると、みんな登りやすいギアを揃えていて、スキーヤーの場合には板の裏にザラザラのやつをつけたり、スノーボーダーはスノーシューを履いていた。まともに登ったのは、オレとタクミだけ。空気がやたらに薄くて息がすぐに切れたけど、なんとか最初のスキーヤーの後2番手で登った。そこからは、ウィンドリップがあるグレーシアに行く。途中トラバースするところが、ずいぶん狭くて左斜面は急降下しているし、ちょっと怖かった。
 
そしてなんとか撮影ポイントに来て、パウダー・ターンをいくつか。思ったよりも雪が重くて、難しかった。タクミが一度ハイクすると疲れた様子なので、その間に自分が上がって、2度ほどタクミにとってもらった。
 
写真を見てもらえばわかるように手が上がり過ぎているのだけど、これは昨日、クレイグ・ケリーの映画を見た影響。気分は完全にクレイグ!
 
バックサイド後半で抜重する時には両手をドバッと上げてスプレー。だけど、クレイグと違って、バックサイドでのため(スイング・スポーツで言う左側の壁のこと)が弱いために、もう1つカッコ悪い。しっかりと踏み込んで左側に壁を作った上で、両手を上げてドバッと開放、と同時にボードの良いポジションに乗らないと成立しない。もっと練習しないと。
 
ブラッコムからの帰り道、ちょっとしたところでパウダーを発見!考えてみたら、そこはルーブと昨年撮影したところだ。ここがメチャクチャ簡単にアクセスできるのだけど、かなり良い写真が撮れる、ということを改めて発見。あれだけ苦労した撮影ポイントよりも、手軽なところに良いところってあるもんだね、とつくづく勉強した一日。だけど、あそこで努力したから、神様が良い時間帯にちょうど太陽が逆行に来るように仕組んでくれたのだと思う。

フサキ
タクミ
雲海

正解は・・・

28日ニュースの回答。

スケートボードパークでした。

わかりっこないですよね。すみません。

マイナス26度

あまりにも寒かったのでレストハウスのキャッシャーの姉ちゃんに聞いてみた。
「今日って何度?」
「マイナス26度よ」
えー、通りで寒いわけだよ。
お風呂に入った後、気づいたのだけど、鼻がフロストバイト。これは日本語で言うと凍傷か。まあ、かなり軽いもんだけど。ヤバイねえ、このまま鼻がもげるってことにもなりかねないから。
 
ところで今日は、タクミの撮影。
あいつも病み上がりだけど結構、頑張ってハイクしていたね。
くわしい撮影の模様などは、タクミ日記のチェックを。
まだアップしていないようだけど、今夜にでもアップするでしょう。