ハウツー天使クセ(?)

今日は朝から夜10時までシャーリー仕事。だから、ずっと子供の面倒を見ていた。途中、昼寝させている間とか仕事していたけど。
だけど、子供というのは面倒を見れば見るほど可愛く感じるものだなあ。特に面倒が掛かる大河の方は、とても気になる存在。下のクレアちゃんはいい子だからなあ。単純に可愛くて。
大河は今日、日本語学校があったのだけど、学校に到着したら泣いて帰りたい、とわめいた。よくあることだけど、今日は先生も少なくて大変そうだったし、そのまま帰してしまった。おもいっきり叱って、もう日本のビデオ見るのを禁止令を出した。仮面ライダー、デカレンジャー、ウルトラマン、みーんなダメ! 1時間くらいの学校を行けないようではしょうがないよ。だって、先生とかとても親身になってやってもらっているのに、申し訳ない。
家に帰ってから、クラス・ルームがイメージできるようにしつつイスとか並べて、オレが先生役で日本語の勉強をした。とりあえず、あいさつとかいろいろ。
しかし、オレは何でもハウツー天使をやりたいんだなあ。常に相手の心を読みながら指導するというクセがある。
明日からはワールドチャンピンシップが始まる。毎日山に上がらなくてもいいけど、とりあえず明日はとても忙しい。それと、日本から編集の方、岩田さんが来るので、忙しくなるだろう。
日記もできる限り、箇条書きでも更新したいなあ。

BSボードスライドのハマッた日

毎週木曜日はウィスラーのdmkクラブ活動。
これはシーズンで100ドル払っていただき、オレの方でクラブ員のビデオ撮影をしてあげるというもの。クラブ員にはシーズン目標をもらって、それに応じてアドバイスもちょいとするという内容。だけど、今年はほとんどその募集告知をしなかったので、ウィスラー会員は少ない。毎年10名以上の方が参加するが、5名程度の会員。もっと増えてもいいのだけど、今年はちょっと休憩イヤーでこんな人数で楽しくやっている。
この活動は4シーズン目だったかな。ともかく、この活動を通じて知り合った者は多い。最初の年に来た、アキは今ではdmkではなくてはならない人物で、ご存知浪人シリーズの編集、その他、ウエブのアート・ワークをやってもらっている。その他、ウエブ運営のアドバイスももらっている。またサトシは、表紙の製作を毎週やってもらっている。表紙とはトップ・ページの写真のことだ。
木曜日に活動をすることは、伝統的(?)に決まっているが、その理由を知る者は誰もいないだろう。実のところシャーリーも知らない。
木曜日に決めた理由は、昔から行っていた銭湯の休みの日だ。別にこの日に活動しなくてもいいのだが、4年前に木曜日に決めたのは、自分がよく気づく曜日だったという理由。子供の頃から銭湯に行って、毎週木曜日は休み、だから遠くの銭湯に行くということが叩き込まれているのである。そのまま木曜日に活動をすれば、絶対にこの曜日を忘れない、というわけだ。
今では木曜日、クラブ活動の日、というのは定着しているから、シャーリーも仕事のスケジュールは木曜日を休みにして、子供の面倒を見る、ということになっている。
ところで、今日のクラブ活動は、ほとんどわがまま状態で自分が練習した。たぶんウィスラー・クラブ活動の歴史始まって以来のわがままぶりだ。というのも、ボックスでボードスライドをすることに熱中してしまったのだ。
思えば昨年、いや一昨年あたりから自分もジブの世界に興味を持ち出した。スノーボードを今年でもう20年目だが、この動きはあまりやっていなかったものなので、ひじょうに戸惑った。だけど、とてもおもしろい! 今まで以上にノーズやテールの方に体重を動かす動作が入り、滑りの幅も広がったのだ。だけど、昨年は80日間ほど山に行ったが仕事ばかりで、ほとんど自分の練習日というものがない状態。だから、上達しなかった。
イメージは浪人3でかなりできた。だけど、実際にやるのとは違う。今年、12月にトオル(擦り侍)と滑るチャンスがあったので、そこで集中してやった。と言っても10本もやらなかったか。とりあえず、バックサイド・ボードスライドが形になり、おもしろいハウツーができるようになったので、これは雑誌のハウツーで出すことにした。不思議なもので、写真撮影だとメイク率が格段によくなる。撮影されていると、決める力が強くなるのだ。だけど、まだまだショボイ完成度だ。ハウツー内容はためになるし、おもしろいのでぜひ見てほしいけど。
そこで、今日はクラブ員もボックスで楽しんでくれたこともあり、積極的に自分も練習したのだ。途中でムキになって(?)、何度もハイク。というのも、自分の頭の中ではもうできそうなのに、実際入ると、しっかりとボードが横に向かないのである。あれっ、おかしいなあ?平らなところや、滑っているところではできるのに・・・。本当、不思議なほどできない。だけど、失敗した後は次にできると思えるのである。だから、すぐにハイクする。だけど、できない、という状態に。この僕の夢中な姿に、クラブ員も協力してくれてビデオを撮影してくれた。これは、ひじょうにありがたい! さらにクラブ員のカオルちゃんがアドバイスをしてくれた。カオルちゃんは、浪人3のチャレンジ女の子役。実際に春の撮影期間中に浪人3のハウツー通りにやって、バックサイド・ボードスライドをメイクさせたのだ。
そのカオルちゃんから「肩も回せばもっと横になるよ」と言われた。だけど、もう1つ回らない。さらに「それならもっと目線を回そう」とアドバイス。これが効いて、目線をフォールラインに固定せず、一気にフロント180方向に回したらバックサイド・ボードスライドの形になった。形になったところで、練習を繰り返し、遂にできた! ああ、気持ちいい気分!
この日、最後に行ったフリーランでは、自分の集中力が上がったことに気づいた。なるほど、こうして何度も練習すれば集中力が上がる。こうしたところで、改めてスノーボードの滑りのリンクを感じる。スノーボーダーは食わず嫌いはダメ。なんでもやることで、スノーボーダーとしての幅が広がり、カッコ良さに磨きがかかるのだ。

オレのジム・トレーニング

シャーリーが朝仕事なかったので、今日の午前中はフリーだ。
滑りに行こうか、大河のスキーに付き合うか、どうしようなかなあ、と思ったけど、もう1つテーマが決まらない。昨日は雪が7、8センチ降った感じなので、良い雪のような気もするし。そうかと言って、パウダー!って感じの量でもないし。大河とはついこの間行ったばかりで、もう1つスキーが楽しくないようだし。フーム、大河と水泳に行くか、いや、だけど最近ジムに行っていない。今月のノルマは最低2回のジムだから、ジムに行こう!ということになった。
このノルマとは自分が決めている毎月の目標のことで、その月ごとに違う。昨年度の結果から、目標をだいたい1.1倍ぐらいに設定して、その目標に向かってトレーニングしているのである。トレーニング項目は、もちろんスノーボードも含まれる。今月は10日山に行けばいいことになっている。この10日というのは仕事も含まれるから、結構余裕の数字。基本的にフリーで行く日がメッチャ少ない。
その他には、ジョギング、競歩、ジム・トレーニング、水泳、スクワット、腹筋、背筋、肩トレ(注:ゴムチューブのトレーニング)、そしてドライランド・トレーニングだ。このドライランドというのは、陸トレのことで、項目はショートランニングやジャンプ系エクササイズ、片足立ちなどいろいろ。
ジムに行くと、いろいろな人がいて人間ウォッチングもおもしろい!
最近のオレのジムのスタイルはシモン風。これはシモン・チェンバリンのスノーボードのように、常にクールな感じで練習すること。ジムに行くと、筋肉もりもり兄ちゃんがが「オリャー!」と血管を出しながら頑張っている姿をよく見かけるが、そこまでオリャーってやるのではなく、心の中で「オーシ!」ってぐらいの気持ちでやる。結果的に、自分の表に出ている顔は、そのトレーニングを軽やかに楽しんでいる感じ。
こうした理由は、あまりオリャーってやると、心臓に負担が掛かるような気がするし、ジムのトレーニングを楽しめない、と感じたからだ。継続して楽しめる環境がほしいのである。
さて、肝心の人間ウォッチングだが、今日は90歳ぐらいのようなおじいさんもいたし、トレーナーの女性から、ちょっと駄々をこねる男性もいたし、いつものように「オレって筋肉モリモリでカッコいいだろう」と主張しているような人もいた。それと、プールを見れば、きれいな姉ちゃんもいたぞ!
いつもジムに来て思うのは、みんなデカいなあ、ということ。日本人の中でもチビなオレが、この中に入るととても小さくなる。そんな時、すかさずいつも「だけどオレの方がカッコいい」と意味もない対抗心を出す。何がカッコいいのか自分でも定かでないが、その人の持っている尊厳度、生き方? ともかく、そう思ってしまうのはオレのカナダで生きる自己防衛本能なのかもしれない。
昔、昔、オレはアメリカ人ってすげえ!って単純に思っていた。それは高校生とかまで本気で思っていたような気がする。だけど、20歳になりいろいろ海外を回るうちに、海外の人のことをよく知った。それで国民的には、日本人が一番愛すべき人種のような気がする。何か日本を離れたお陰で愛国心のようなものが芽生えたのかな。
それと、海外でうまくやるコツは、あえて日本の良いところを見せるところだと悟ったようだ。だから、文句がうるせえカナダ人を見ると、自分は黙ってその尊厳を出すよう試んでしまうし、また常に古き良き日本人の考え方を出そうとしまう。まあ、司馬遼太郎の読みすぎかもしれないけど。ある意味、明治時代の考え方かも?
話はいろいろ反れる今日の日記だけど、いつもジムに行く前は、「何かかったるいなあ」と思うんだけど、行った後はとても気持ちいい。セカンドウインってやつだね。辛いを越えると、気持ちよくなる!という。その辛いってところをシモン風にクールに乗り切って、それで体力作りに励む、というのが最近のオレのジム・トレーニング。

絶景

あれっ、もう11日か。日記を毎日書くのって、結構大変なんだなあ。特に山行くと時間が取られるので、大変になってしまう。高正とコジロー、結構マメに書いて偉いね。
さて、ここ2、3日は何をやったっけ? なんだか頑張って仕事した気がするけど、どうも過去のことって忘れるな。いつも目の前の目標を定めて動いているから、過去のことはどうでもいいのかな? 自分の性格も結構、サバッとしたところあると思うし。

とりあえず、今日は懸念していた1つの原稿を終わらせてハッピーだ! これ書く前、どうやっていいか書いてわからずに、ともかく最初のタイトルとリード文だけ書いた。それでも気に入らなくて、何度か声を出して読み、そうしたら直すべきところ発見して・・・。そして、ともかくわからないからガツガツ書いた。もう作戦も何もなく闇雲に冒険する気分で。そうしたら、なんとなく形になって来て、気づいたらなかなかおもしろい原稿になっていた。ともかく、こういう仕事をした後はビールが最高だね!

あっ、そうそう昨日散歩した時に川の上を歩いたんだ。まだ一部凍ってなくて、落ちることを考えたら怖かったけど、アイススケートのようでおもしろかった。しかも、氷がとてもきれいで氷の中に落ち葉などが入っているのが見える。あり得ないことだけど、この氷の中に死骸とかあったら超怖いなあ、なんて変な想像をした。

そう言えば、その前の日も天気が良くて散歩が気持ち良かった。デジカメを持っていたので、写真を撮った。その時の景色の写真を1枚アップしよう。
もう1つ写真と現実にギャップがあるけど、仕方ない。

以前読んだ、坂本竜馬の小説に好きなフレーズがある。
「一瞬でもこの絶景を見て心のうちが沸く人間と、そうでない人間は違う」
何気ない言葉だけど、「うん、うん、そうかも」なんて思ってしまうんだよなあ。

ケイル来たよ

もう、最高に忙しかったよ。
何から書けばいいのか、と。その忙しさを分析するのも面倒なくらい。
主な出来事としては、年間650名ものキャンパーを迎えるX-tripの代表のウメちゃんの撮影するため、キャンプに同行したこと。

あとは、遂にケイルが来てくれたことかな。
ワイルドキャットの中でもイケイケ番長で、かなりストロングなスタイルを持つケイル。なかなかしっかり約束はできない奴だけど、とても親しみのある最高のキャラクターを持つ。家に来た時に、子供と犬が人目見て、お気に入りになった! 同じエキスが出ていたんだろうなあ。大河だって、飛び上がってじゃれるし、クレアも普通人見知りするのにまったくなく、ニコニコしていたからなあ。外にいるチャーリーも部屋に入るたくで、ドアをガジガジ足でやっていたし。
ケイルからもらったCDに、何かそのやさしい人柄が出ている。

ああ、それにしても目の前に仕事たくさんだよ。もう日記はこれぐらいで、また仕事に戻ろう、と。

ケイル道

ここのところずっと晴天続き。だけど、メッチャ寒い! ウィスラーでは寒く過ぎて雪が降らずに晴れてしまう、ということがあるけど、そういうパターン。ラジオではマイナス17度と言っていた。どうりで、最近寒いなあ、と思ったよ。チャーリーは、この寒さの中、外で寝るのだから大したものだよなあ。さすがにお母さんハスキー犬。
朝、シャーリーと大河が出かけた。何でも今日からプレ・スクールがあるとか。プレ・スクールとは、学校に行く前の準備クラスのようなもの。1週間に2度ほどある。そうかあ、大河がいない! そしてシャーリーがクレアちゃんを見れば、久々にフリーの時間到来だ! ラッキー、これでおもう存分仕事ができるぞ。それで、朝からご機嫌にコーヒーを淹れたり、また机の回りをきれいにしていたら、すぐに帰って来た。なんでも、まだ休みだったとか。なんだよ、ちゃんと調べてから行けよ、と思ったけど、そのまま2人はプールに行ってしまった。だけど、まだクレアちゃんがいたので、頑張って寝かして、仕事を始めた。結構、はかどったぞ。
午後は子供たちに昼寝させた後、チャーリーBOYとジョギングへ。本当はジムに行きたかったのだけど、シャーリーの仕事の都合で、それほどの時間がなかったのである。だけど、久々に浪人2のサムライ&チャーリーのように、走ったぞ。チャーリーは、夏はグータラになり、いっしょに長く走ることができないが、冬はノープロブレムでよく走る。さすがにスノーボーダーのご主人を持った犬である。
雑誌用の写真手配でワイルドキャットのパーティ写真を集めないといけない。ワイルドキャットというのは、デバンとかクリス・ブラウンとか、ダフィシィとかかなりカッコいい連中が集まっていて、ご存知の人も多いと思うが、かなり評判の高いムービーを作っている。またアパレルもやっている。
とりあえず、ちょっとした写真で使うので、デジカメ素材でOKだ。だけど、それを持っていたのがケイル(スティーブン)だったので、ちょっと運が悪かった。ケイルはスーパーいい奴で、もう超フレンドリーなんだけど、その一方で約束をきちんと守る、という能力が、日本人ではありえないほどのレベルで欠けている。まっ、プロ・スノーボーダーには、そういうのが多くて、そのためオレはよく電話をするのだけど、今日も午前中1回電話。この時点では、「フサキ、今、バンクーバーだけど夕方にはウィスラーに戻るから。その時、CDに焼いて持って行くよ」との回答。そして、夕方電話すると「ゴメン、まだウィスラーなんだ。きっと夜中になってしまう」
結局、また明日なんてことになったんだけど、いつものことなので、気にしません! ちなみにデバンはしっかりしているよ。ダフィシィもね。だけど、ケイルやトレバーとか、ちょっと怪しんだよなあ(笑)。だけど、ああいういい加減さもあって、彼らのキャラクターだからね。そういうのも楽しんじゃおう!という気構えはある。ともかく、明日になればケイルはきっと、あのデカいトラックで家までやって来るに違いない。ともかく、2月6日売り号に載せるし、早いとこ持って来ないとヤバイぜよ。
明日は朝6時に起きなきゃいけない。今日は1つアラ原稿(大まかに仕上げること)もやったし、あとはストレッチやって、軽く一杯して、寝よう!っと。

平凡な1日(?)

さて、今日は何から話そうかなあ。だいたい、この日記のコーナー誰か読んでいるのかなあ。大してスノーボードのこと書いていないからね。読む人にとっては暇つぶしにしかならない、否、それ以下かもしれない。だけど、まっ、いいや!自分のために書いているようなものだから。
今日も朝から夕方までたっぷりの時間、シャーリーは仕事。コンチキショー、いくら何でも仕事し過ぎ。オレにも仕事の時間をくれよ!って気持ちだ。
だけど、午前中はベビーシッターが来たんだ。お天気もいいし、山に行くこともできたし、また撮影もできた。だけど、ベビーシッターを雇ってまで、フリーで滑りに行くのもね。撮影仕事も入りそうで入らなかったし。ということで、仕事を。まずはメールをやっつけ。それから、郵便局やら写真現像などのヤボ用。さらに原稿を進めた。だけど、なんとなく頭の中を整理したくて、チャーリーBOYとパワーウォーキングに行くことに。英語で言うと、なんとなくカッコいいけど、競歩だね。ともかく、競歩したら、かなり頭が整理できた。今、やっている原稿の答えが見つかり、4ページの具体的なイメージが完成!
いつも散歩するといいことがある。特に競歩! きっと外の気持ちいい空気を吸って、脳が活性化するんだな。事実、今、読んでいる脳に関する本に、人間はずいぶんの酸素を脳のために使っている、と書いてあった。これを今、読んでいる方も、忙しいけど勇気を持って(?)散歩に行ったら、仕事の良い段取りが決まるかもね。やはり、仕事はその答えの道筋をしっかりつけて行うのが一番。ああ、疲れた、テレビ、ゲーム、というのが一番良くない、と思う。
散歩から帰ったら、まだ11時だったけど、昼飯作り。なんとなく、昨日からおいしいミートソースのスパゲティを作りたかったのだ。自分で言うのも何だけど、「おいしいぞー!」
作り方、鍋にオリーブオイル。中火。ニンニクをポイ。ちょっと色が掛かったら、刻んでおいた野菜をポイ。よく炒める。ひたすら炒める。その間にボールの中にミンチの肉。できれば2種類混ぜる。今日は一種類だったけど。塩、コショウで事前に味をつけておく。炒めた野菜の中にその肉を入れる。焦がす。ステーキを焼くように、かき混ぜない。裏返す。ナベにコゲがついているけど、大丈夫。赤ワインを入れるのだ。そうすると、雨音のような音が激しく聞こえる。そうしたら、一気にかき回す。すると、不思議なほど、コゲが完璧に取れてしまう。その後には、トマト・ソースをドカーン。さらにスパゲティゆで用に入れていたお湯にトマトを入れて、取り出し、皮をむく。そのトマトを入れて、さらにかき回す。この時にはほとんど弱火。塩で味を調えると、レストランに負けない味が完成だ! あとスパゲティの方だけど、このミートソースに負けないほどの味を作るため、勇気を持って塩をたくさん入れてしまう。すると、最高のバランスのカップルが誕生だ!!
夕方、シャーリーが返ると、そのまま大河を連れてアイススケートへ。何でも今日から月曜日に大河はスケート教室に通うそうだ。「何で?」って、聞いたら、冬はやることはないから、と。そう言えば、大河は夏の間、水泳教室に通っていた。また、外でよく遊んでいた。
だいたいウチは超アウトドア系ファミリーだからなあ、いつもみんな外で何かやっているのだ。今日も平凡な1日だったけど、犬の散歩で3回(内1回競歩)、さらにヤボ用で外に出ているし。ともかく、家の中でも仮面ライダーごっこで、結構運動するし、1才のクレアを含めて、みんなよく動くのだ。クレアなんて、ちょっと目を離すと、消えていらからまるで忍者みたい。だから、みんなよく米食べるんだろうなあ。
なんだか、今日も大したことのない平凡の1日だったような。もっと仕事しないとな。ビールのおいしさが弱い。

世にも不思議なくだらない格言集

酔っ払うと、何か閃くことってない?
オレは、そういうことよくあって、また人と会って話していると、自分で話したことが、「あっ、そうか」とヒントになることもある。
夜寝ようとしている時に、考え出すと、あれもこれも良いアイデアが飛び出て来て、寝れなくなってしまことがあるけど、そういう時はメモっとかない、と。
だから、最近はいつでもどこでも小さいメモ用紙と、ペンはある。
それで、昨夜、酔っ払っている時、書いたことがあるので、ここに紹介しよう。
今、読むと、「?」のものもあるけど、まあ、あの時の自分が何か閃いた言葉なので、ここに記しておこう、と。ほとんど意味ないものばっかりだけどね。格言というか、疑問文というのもあるけど。
「その時」は1回だから今を楽しみたい
ワインってのは米みたいに
2日目の競争ってあるのかな?
注釈:おいしい米は翌日冷えてもうまいけど、ワインにもそういうのあるのかなあ、と思った。
今、人気ある韓国の俳優って、
お笑いトリオのあいつに似ているよな
ガンコな女が溶けた時こそ
おいしいものはない(?)
男が弱くなったね最近の日本人
あんな赤ちゃん女が好きなんだなあ
TSUNAMIってどこから来た言葉?
本来すべてが楽しいことなのに
急ぐから楽しめない
将来ガーリック・チップス
作りたいなあ
科学者ってバカだね感覚の方が確かなのに
感覚に集中した方が、もっと早く答え見つかるような気がする
味ってのは集中してねえと
静まるねえ
※急に下町系の言葉になっている
ファミリーとは

※おいしいものを食べている家族は何があっても幸せのような気がした。おいしい、というのも深い意味があるけど。
アートとは気持ちいいこと!
あっ、もう1つ思い出した。今日、カレーライスを食べている時に。
カレーライスは凄い。カレーのような男になりたい。
!(笑)
意味は、冷蔵庫にある、古くなったヨーグルトから、ちょっと腐りそうになったリンゴ、さらにはちょっとだけ余った牛乳や、奥の方にあって忘れ去られそうになったメープル・シロップ、スパゲティ用で残してあったトマト・ソース、さらにはほとんどの野菜、ほとんどの肉や魚、冷凍庫にあったコーン、などなど、すべて許容できる料理。つまり許容範囲が広くて、しかもすべての素材を生かせるということ。
こんなすべてを受けとめてしまって、おいしい料理なんてカレーライス以外にはない!と思うのだ。しかも、翌日だって、メッチャうまいからね。本当、凄い奴だ。
大昔、アパッチ野球軍ってアニメがあったけど、ほとんどの選手が腐っている感じだったけど、大活躍する。あのようなノリ、好きだなあ。

正月気分とはほど遠い

まだカナダは元日です。
だけど、全然、正月気分でないなあ。
シャーリーは今日も仕事で、午前中11時には出て行ってしまった。本当は午後2時頃から行くハズだったのに、急遽早まってしまってちょっとガックリ。午前中から2時までにやろうと思っていた仕事ができなくなってしまった。知っていたら、先手を取ったのに、失敗したな。シャーリーの仕事は高級ホテルのスパでマッサージなんだけど、最近マネージャーに出世してしまったから、ずいぶんと忙しくなった。特に年末からほとんど家を空けているからね。子供をずっと見て、食事に洗濯、さらには仕事もしているからね。頑張っているよ、お父さんは。

お昼前に近所の日本人の子供2人が遊びに来た。ムラッチョ(クラブ会長)が大河のために撮ってくれたウルトラマン、仮面ライダー、デカレンジャーのビデオを見る。
その間に昼飯作ったり、そうじしたり。

午後は、夕飯の支度したり、チャーリーの散歩したり。
ちなみにウチのチャーリーは1日に3回散歩を行く。幸せな犬でしょ?

そして、大河とクレアを8時には寝かしつけて、仕事ガツガツ。やりたかったのにできなかったモチベーションが一気に爆発して、1つ原稿仕上げちゃった。イエー! だけど、この仕事は丁寧にやったなあ。ライダーとミーティング、ライダーと山へ上がる、ライダーとできた写真を見てさらに打ち合わせ、ライダーとメールで原稿のやりとり。これだけ丁寧にやれば、読者の方に喜んでもらえるものができたと思うけど、どうかなあ。

もう夜の10時だけど、さっきシャーリーから電話あり、大河のお友達が急遽病院だって。なんでもチ○コがどうかしてしまったとか。こういう時、突然、日本語で「チ○コ」って言えるから、便利だよな。電話しても職場の周りの人、驚かないでしょ?
ともかく、その子を病院にお母さんが連れて行くから、家に一人で残された2歳の女の子を見なくちゃいけなくて、そのまま職場からその子の家に行ったのだ。だけど、そこのお父さん、どうしたのかな? まだ仕事かな。

まあ、なんだかんだ言って、全然、正月気分でないんだなあ。
あっ、そうだいいこと思い出した。今日、遊びに来た子たちのお母さんがおせち料理をおすそ分けしてくれたのだ。これが、またおいしそうなんだ。嗚呼、最高! これでもいただいて、今日は終了しよう。明日も朝からシャーリー仕事でいないからね。早起きして、やることたくさんだよ。

欲だらけ

カナダはまだ30日だけど、日本はもう31日かあ。
K1にプライド、見たいなあ。グレイシーは好きでないので、曙が初勝利してくれるといいのだけど。あとは、レスリング金メダリストに藤田、吉田の対戦も楽しみ。この対戦、ネットとかで見れないかなあ。
今日は朝一番からクラブ活動。人は多かったけど、雪が良かったので楽しかったな。やはり雪がいいことは、スノーボードを何倍も楽しくする材料になる。だけど、固い日もしっかりと練習することによって、パウダーの喜びも一入なんだよなあ。今年のオレは昨年同様、あまり山に行けてない。まあ、自由人の職業だから、贅沢は言えないけど。
自由人と言えば、普段からほとんどストレスない仕事のお陰で、年末年始も仕事は当然。まっ、大した仕事時間でないから、当たり前って感じだけど。
高校卒業して、すぐに大日本印刷に就職した時には、やはり年末の休みはありがたかった記憶がある。だけど、2年目には辞めて、野沢温泉に篭ったし、その後もずっと海外だったから、なんだかんだ言って、コタツに入ってみかんを食べつつ、テレビとか味わっていないなあ。お正月のおいしい料理、マージャンとか。うわあ、懐かしいし、そんなこと味わってみたいなあ。
しかし、人間って欲深い生き物なんだね。ないものねだり。仏教じゃないけど、結局、欲を捨てることが幸せの道、というのも理解できるよね。だけど、オレには無理だ。欲だらけ。

一大ウエルカム初心者イベント

例の大型地震のニュースは、日に日に死者の数も増えて、とんでもない大きなニュースになって来ている。今日もこっちのニュースで日本は30ミリオン、アメリカが35ミリオンの支援。そしてカナダは、なんとたったの2.5とかミリオンだって。この金額って、バブリーのウィスラーの家一軒の値段だよ! 信じられない低い金額だな。あれっ、だけどこんなに低いハズないか。オレの英語の聞き間違いかな。ともかく、こういう時こそ、日本は一番を狙うべきだな。あの地震で最も支援を行ったのは、日本である!と。後世にそういった歴史を残すべきだ。アメリカの後の2番手じゃ、全然インパクトないよ。むしろ、こういうところにドカーンとお金を使えば、後々、変なところで使わないで済むような気がするけど。
今日は朝ちょっと仕事した後は、大河とプールへ。あと買い物したら午前中はそれでつぶしてしまい、午後はまたちょっと仕事。そして、ミーティングが1件。昨年キャンパーを650名も集めたX-tripの代表のウメちゃんと話したんだけど、大したものだと思ったな。だって、最初の年なんか一人で窓口やら営業やら、さらにはキャンプにも同行しているんだから。今年は1000人のキャンパーに来てもらえるような、良いキャンプを続けるって。まだ年齢なんか、27、28歳だから、凄いよね。自分がこの年齢の時と比べたら、やっていることが全然大人で。こういう人は、スノーボード界にとってとても貴重な存在だから、これからいろいろ協力して行きたいなあ、と思った。
あと、スノーボード業界は、ここ数年、新規参入者が減って、どんどん業界が縮小されている図だから、こういったところ、その他、アクアさん、ウエブではSBNさん、そして雑誌全部ひっくりめて、初心者をウエルカムするような大きなイベントもやっていかないといけない、と思った。とりあえず、そういったことが実現できる絵が描けたら、動いてみよう、と思う。

ピピ島の子供が心配だなあ・・・。

昨夜は大変だった。
夜突然、お風呂場からクレアの泣き声。なんと頭から血だらけ。シャーリーとお風呂に入っている時に(新品のバカ野郎なデザインの)シャンプーが落ちて、その角が当たってしまったのだ。血の量は、往年のプロレスラーのブッチャーにも負けないほど。本当にビックリするくらい、額から後頭部まで血だらけである。救急車を呼ぼうか一瞬迷ったけど、車の方が早いと思い、すぐにタオルをたくさん巻いて、家族総出で診療所へ。
だけど、クレアは結構、ケロッとしていて、不思議な光景だった。血だらけの1歳児が笑っているのである。お風呂を長めに入っていたこともあり、血がドカーンと出たようだ。それにしても頭ってずいぶん血が出るもんだなあ。結構、オレも血を見ても冷静なんだけど、クレアはこういった部分はオレに似たのかもしれない。
昨夜はシャーリー、お医者さんからの診療で、毎一時間起きにクレアを起こさなくちゃいけなくて、そのたびにクレアも泣いていたから、オレも寝不足。だけど、朝から撮影の仕事だった。しかも駐車場がメッチャ混んで、駐車場から乗るシャトルバスも大変な遅れよう。これなら、そのまま駐車したところから、歩いた方が早かった。ともかく、大事な撮影なのに、15分も遅刻。こんな時、いつも考えるのは、「さて、この小ピンチをどのように乗り越えるか。先に集まっている不満顔のみなさんに、どのように対応するか」。ともかく、やるべきことは撮影という仕事だから、その段取りをしっかりとイメージしてしまい、朝から元気にノリノリで押してしまった感じ。結局、さようなら!する時は、みんな遅刻のことを忘れてハッピー顔で「フサキおつかれさまー!」と聞ければいいのだ。事実そうなったし。
ちなみに、自分の場合、まず仕事でも何でも約束の時間には遅刻はしない。というのも、時間をとても大切に考えているからだ。よく遅刻する人がいるけど、時間の価値観が違うのだと思う。ともかく、遅刻されたことでイライラするのもつまらないので、ポジティブにこれから起こることをイメトレして遊んでいることが多い。
午後のニュースで、昨日、聞いていた地震と津波のニュースの映像を見る。やはり新聞でチェックするのと大違いだ。簡単な文章しか載せない新聞より、映像は心の受け止める量が違う。3、4年前にタイのプーケットに行ったけど、そこから行くピピ・アイランドは壊滅状態であることも友達から聞いた。ニュースで流れる死亡者の数を見ると、ビックリだけど、数字はあくまでも数字で、結構、冷静な自分がいる。だけど、あの3、4年前に見たピピ・アイランドの子供たち。シャワーのような雨が降ると、軒下の雨だれで、お姉さんにシャンプーしてもらっていた子供たち。こちらがハッとするほど、とても目が輝いていて子供たち。あの子供たちが、もしかしたら、いやその可能性はピピ島ならとても高いのだけど、そう考えて行くと、本当に気持ちはソワソワ心配で、胸が痛くなって来そうだ。