X-Trail Jam in Tokyo Domeは12月11日、12日で

LINEで送る
Pocket

今や日本で最も影響力があるイベントとなったX-Trail Jam in Tokyo Dome。その日程が、12月11日(クォーター・パイプ)、12日(ストレート・ジャンプ)に決まった。日本からシード選手は、ライオ、平岡暁史、鈴木伯、山口睦夫、布施忠で決まったようだ。

今年も東京ドームに世界からトップ・ライダーが集まって来る。そして、それに立ち向かう日本勢のシードも内定。
まず、クォーター・パイプでは、日本スノーボード界のキング、ライオ田原。
そして、大会の華とも言えるストレート・ジャンプでは、平岡暁史、鈴木伯、山口睦夫、布施忠というビッグ・ネームがラインナップ。
さらにおもしろい情報としては、今年はFIS組が集結するという噂がアリ。毎年、この時期にはカナダ・ブラッコムでFISワールド杯があるのだが、ちょうど今年はそれがなく1月にブラッコムで世界チャンピオン・シップが行われるのである。つまり、この時期、ブラッコム大会に出ていた7人の侍軍団の中井孝治、國保カズ、村上兄弟などが今年は東京ドーム大会に参加できるチャンスがある、ということなのだ。オリンピックのために、この7人の侍軍団はシーズン中パイプ大会に参加し、そういったところから、パイプ・ライダーというイメージが強いが、実のところクォーターはもちろんビッグ・エアーでもひじょうに凄い能力を発揮する。それだけに中井孝治のストレート・ジャンプ参加が実現すれば、今まで隠れていたライダー・ポテンシャルがどれだけ爆発するか楽しみだ。
X-Trail Jam in Tokyo Domeのさらなる続報に期待しよう。

LINEで送る
Pocket