WHITEOUT FILMSがなくなる!

LINEで送る
Pocket

デバン・ウォルッシュ、布施忠など、主にウィスラー周辺のエリアで活躍するライダーをフューチャーして来たWHITEOUT FILMSが今季リリースした作品『season 4』を持って最後になる、という情報が入った。

忠がトリを取った記念すべき作品ポジトロン。これまでの名作に感謝!

パーティ的なビデオであるワイルドキャットから、本気のライディング・スタイルを見せるというコンセプトの元、スタートした2003年の作品『Positron』。デバン、忠、ダフェィシー、ブラウナー、ケイル、JF、さらにはピーター・ラインという夢のようなスーパースターも加わり始動した。

2005年は『The Big Blind』、2006年には『Wear It well』とリリースし、確実にカナダの大御所の位置を守り続けていたが・・・。

看板ライダーでオーナーであるデバンは、今後DCのビデオ作品に出るだろうし、また布施忠においてはご存知のようにHeart Filmsで日本から世界というテーマで活動をしている。

スター選手の離脱や、看板ライダーの活躍の場が変わったこと、さらには昨今のDVD作品無料化現象などで存続は難しくなったようだ。

しかし、WHITEOUT FILMSはこの作品を愛したファンの脳裏に永遠に焼きつくことだろう。 

LINEで送る
Pocket