CSBA 20周年記念セッション in ウィスラー

LINEで送る
Pocket

 

ウィスラーにあるスポーツカレッジ、CSBAは今年度で20年を迎えた。
CSBAには、スノーボードのアスリートコースとインストラクターコース、短期生のためのスキルアップコースがあり、これまでに何人かのプロ・ライダーを輩出、またフィルマーなど業界で活躍している者もいる。
今春は、偶然にも多くのCSBA卒業生ライダーが、ブラッコム・パークでトレーニング中。そこでスノーボードプログラムのEigo(高谷英悟)コーチが声を掛けて、本日セッションが行われることになった。

news160429c

Photo & Story : Fusaki Iida

今日のセッションに参加したのは、Jimmy(武村萌)、佐藤夏生、岡慶治郎、WHAGWAAN(奥野秀基&坂井啓壮)、さらに在校生の奥山祐一。予定では、DAN(阿刀暖)も来る予定だったが、昨日のDMK取材の後、腰を痛めてしまったために欠席。7名のセッションとなった。
まず、最初はパークに入らずに、ウォーミングアップラン。各ライダー、カービングやリバースターンなどクルージングを楽しむ。7人ものライダーが一斉に滑る姿は、なかなか迫力がある。

news160429d

この時期でも楽しめるゲレンデ脇にある地形では、Eigoコーチがいぶし銀のテクニックを見せる。

news160429e
この後は、パークへ。
夏生はスムースにキッカーやレールを流し、慶治郎はシュールに人とは違ったライン取りでユニークな動きを見せる。
そして、JimmyとEigoコーチが見事なコラボレーションで、トゥイーク&スプレーを決めてみせた。

news160429f

コンビネーション・トリックなら僕たちも!というわけで、デュオ・ライダーとして発足したWHAGWAANのShukiとKeizoも、レールやジャンプで息の合ったところを見せてくれた。

news160429g

CSBA スノーボードプログラムの歴史

CSBAのスノーボードの歴史において、大きな転換期となったのは、やはり高石周コーチの存在だろう。
DMKのハウツーでもお馴染みの周コーチは、CSBAスノーボード・コーチング、プログラムの基礎を固め、また精神的にも選手たちをサポートして来た。現在、CSBAのコーチとして活躍するEigoも周コーチから手ほどきを受け、またこれまでの多くの卒業生ライダーたちもお世話になっている。
本当は、今日のセッションでもぜひ呼びたかったのだが、残念ながらたまたま日本帰国中で実現しなかった。

そして、多くの卒業生たちは、スノーボードだけでなく英語も話せるようになっていて、RYOKI(小川凌希)はウィスラーのスノーボード・ショップで仕事していたし、夏生やダンは優秀な成績でウィスラーの高校を卒業し、海外の大会に一人で行っても困らない。また、Jimmyはメーカーでの仕事で海外からの客人との通訳の仕事なども行って経験を持つ。
その他外国人を相手にスノーボードインストラクターとして活躍している卒業生や、スノーボード業界以外の場で日本国内、国外問わず英語を使った仕事をしている卒業生もたくさんいる。

ウィスラー、ブラッコムという大きな山で育ったライダーたちは、競技だけでなくフリーライディング・スキルを高めて活躍している。 これからもCSBAは、国際的なライダーを育てるスポーツ・カレッジとして、大きな役目を果たすことだろう。
Eigoコーチは、こういう卒業生ライダーたちとの交流を盛んにして、さらにスノーボードのプログラム内容を高めていこう、と意欲的だ。

CSBA主な卒業生ライダーたち
2003 Jimmy(武村萌)
2004 井上智秀、高谷英悟(Eigoコーチ)、清水正雄
2005 高尾翔馬、Tommy(大久保富伊)、斯波正樹
2007 渡部耕大、原田大禎
2008 佐藤夏生、内海直樹
2009 小川凌希、阿刀暖、佐藤亜耶
2013 岡慶治郎
2014 WHAGWAAN(奥野秀基&坂井啓壮)

 

CSBAではプログラム参加生を随時募集しています。
プロやインストラクターになりたい、スキルアップしたい、ウィスラーでスノーボードがしたいなどスノーボードが好きな方なら誰でもプログラム参加可能!
詳しくはCSBAウェブサイトで。

newscsba
http://www.canada-sports.net/web/02_course/snowboard.html

 

LINEで送る
Pocket