US Open 2012 ハーフパイプ優勝!ショーン・ホワイト

LINEで送る
Pocket

Burton US Openのいくつかある種目の中でも、ハーフパイプは最も歴史があり権威がある種目と言っていいだろう。過去には、クレイグ・ケリー、テリエ・ハーコンセンなどが優勝している。
そして、記念すべき30回目を迎えたハーフパイプは、やはりこの人!ショーン・ホワイトが優勝した。

以下、バートンからのリリース内容。

Burton US Open ハーフパイプのファイナルが行われ、ショーン・ホワイト、エリーナ・ハイトが優勝し、賞金$25,000を手にしました。今週、舞台となったハーフパイプは春のような陽気と、雨、そして真冬のような寒さが代わる代わる訪れ、両サイドの壁、ボトムのコンディションに手を焼くライダーも多く見られました。
 
女子ハーフパイプではメジャー大会16連勝中の大本命、ケリー・クラークを、エリーナ・ハイトが抑え見事初優勝を果たしています。エリーナは900を繋ぎ、3本目にこの日最高の86.50を出し、ケリーを逆転。ケリーは最後のランに逆転を狙いますが、一歩及ばず惜しくも2位となりました。降旗由紀は6位に入っています。
 
続いて行われた男子ファイナル。勝ち進んだ13名に、ショーン・ホワイト、ダニー・キャス、國母和宏の3シードライダーが加わって争われました。

注目のショーンは、1本目にBSエアー(メソッド)→FSダブルコーク1080ステールフィッシュ→キャブダブルコーク1080メロン→FSインバート540ステールフィッシュ→ダブルマックツイスト1260→アーリーウープバックサイドロデオで90.44を叩きだし、そのまま逃げ切り、記念すべき大会を制しました。

 

ショーンは「Burton US Open 2012に参加できてとても嬉しかったよ。ジェイクにも会うことができたし、歴史に残るイベントに名を残せたし。この勝利を誇りに思うよ」とコメント。

國母和宏は公開練習中のアクシデントにより、途中棄権となっています。

また平野歩夢は、NOKIAルーキーアワードに選出され、$5000を獲得しました。
 
ケリー・クラークは今回の成績で2012 BURTON GLOBAL OPEN SERIESのハーフパイプ・チャンピオンになり賞金$25,000を手にしています。
またケリーはThe 2011/2012 TTR World Tour(TTRツアー)のタイトルも獲得しました。

2012 USO Men’s Halfpipe Finals

1 Shaun White USA
2 Louie Vito USA
3 Benji Farrow USA
4 Christian Haller SUI
5 Greg Bretz USA
6 Taku Hiraoka JPN
7 Iouri Podladtchikov SUI
8 Matt Ladley USA
9 Zack Black USA
10 Danny Kass USA
11 Danny Davis USA
12 Ryo Aono JPN
13 Janne Korpi FIN
14 Kohei Kudo JPN
15 Markus Malin FIN
16 Kazu Kokubo JPN

2012 USO Women’s Halfpipe Finals

1 Elena Hight USA
2 Kelly Clark USA
3 Ellery Hollingsworth USA
4 Arielle Gold USA
5 Ursina Haller SUI
6 Yuki Furihata JPN
7 Hannah Teter USA
8 Gretchen Bleiler USA

 
http://www.opensnowboarding.com/

 

LINEで送る
Pocket